スタッフブログPage: 17 / 21

AMHが高いと、卵胞が一杯あるから妊活に有利?

  AMHって、最近よく聞くようになりましたよね。抗ミューラー管ホルモンですね。いわゆる卵巣年齢とか、卵の在庫とか言われているものです。 卵巣に蓄えられた卵胞のうち、目覚め始めた卵胞達が出しているホルモンで、年…

続きを見るarrow_forward

不妊鍼灸は、妊娠しても続けていいんですよ。

  不妊治療を頑張って、体外受精で採卵、移植を繰り返しながらも、最終的に赤ちゃんに恵まれた患者さん。その多くが、着床、妊娠からも鍼灸治療に通われます。 実際のところ妊娠判定が出ても、8〜9週目に流産になってしま…

続きを見るarrow_forward

FSHが高いと、良い卵が出来ないんでしょうか?

  FSHが高いから、良い卵ができなくなって来ているみたいなのです。閉経も近くなっているサインだとも、ネットに書いてありました。なんとかFSHを下げる方法はないでしょうか?そんな悩みを抱える患者さんも多いのです…

続きを見るarrow_forward

多嚢胞性卵巣症候群だと、妊娠しにくいのでしょうか?

  多嚢胞性卵巣症候群と診断されていなくても、生理周期が長かったり、無排卵の場合があります。そのような状態だと妊娠しにくいのでしょうか?   確かに周期が長いとタイミングは取りにくいかもしれません。も…

続きを見るarrow_forward

FSHを下げる方法。でもその前に..

  体外受精をしていて、採卵と移植を繰り返して来たけれど、なかなか結果が出なくて、最近は生理周期が乱れるし、FSHは高くなってくるし、AMHはもともと低い状態。そこへ持って来て、今週期は生理が来てからD3にE2…

続きを見るarrow_forward

凍結胚のグレードが悪くても、大丈夫ですよ。

  体外受精をしていて産卵を繰り返した結果、成熟卵が採れて受精し、培養の後に胚盤胞での凍結ができたとします。やっとここまで来た。 これで移植すれば、赤ちゃんを得る事ができる。胚のグレードもよかったし、期待は高ま…

続きを見るarrow_forward

不妊鍼灸は、やっぱり指名、担当できる方が安心?

不妊鍼灸の治療を受けるにあたって、ホームページやブログで時々目にするのが、「施術をする担当が決まっているから安心」みたいな文章なのですが、 当院ではいろいろな鍼灸師がバラエティーにとんだ施術をおこなっています。 1、いつ…

続きを見るarrow_forward

不妊治療で良く聞く、HCGって何?

  移植した胚が内膜に着床すると、HCGというホルモンが血中や尿の中に現れます。   この数値を見て妊娠の確認をおこなうのです。逆に言えば、着床をして胎盤を形成しようとしなければ、このHCGは一般的に…

続きを見るarrow_forward

移植の時だけの鍼灸では、ちょっと不足かも..

  移植の後48時間以内に針をすると、着床率が上がるというエビデンスがドイツにあるようで、そのため当院へも着床を促す鍼灸の治療を受けたいというお電話をいただく事があります。 こういう鍼灸治療を一回プラスすると、…

続きを見るarrow_forward

  良い卵を作る方法はないのでしょうか?そう、ドクターに聞いてみてください。 不妊治療を続けているけど、採卵、移植を何度しても、移植後に9週目くらいで成長がストップしてしまい、流産を繰り返している方が多いのです…

続きを見るarrow_forward