不妊鍼灸は、どのくらい効果があるの?

「不妊鍼灸って本当に妊娠に効果があるの?」

鍼灸や東洋医学にあまり馴染みがない方の中には、鍼灸で本当に妊娠できるようになるのか疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに個人差はありますが、効果があると言われているのには理由があるのです。

そこで今回は、不妊鍼灸の効果についてご説明いたします。

□不妊症に鍼灸が効果的な理由

*冷えを改善

□不妊鍼灸では、お灸でお腹や仙骨を深部まで温め気を補います。またツボを鍼で刺激することで、身体全体や骨盤内の血行を改善することも期待できます。
□これによって、卵巣や子宮などの妊娠に必要な機能が整い、妊娠しやすい身体に近づくことができるのです。

もちろん、妊娠は女性だけの問題ではありません。男性に原因があることもあります。鍼灸の冷えを改善する効果は、男性の不妊症にも効果があるのです。

ですから、パートナーの男性と一緒に不妊鍼灸の施術を受けることも大変効果的です。血行が改善されることで、男性も精巣の機能が整って、活発で質の高い精子を生み出せる身体に近づけることができます。

*自律神経の調整とリラックス効果

鍼灸には、自律神経を調整する働きもあります。自律神経のバランスは不妊症と関わりがあり、妊娠しやすい身体を作るには、自律神経を整えることが大切です。

これによって、リラックス効果も得られるので、うつ症状を抑えることにも繋がります。不妊治療が長くなるほど、こころも身体も疲れてしまい、うつになりやすいでしょう。そんな方こそ、リラックス効果のある鍼灸をぜひ試していただきたいです。

□不妊鍼灸の効果を示す研究結果

実は、鍼灸が不妊症に効果があることを示す研究結果も出ているのです。

体外受精を5回以上しても妊娠できなかった女性114人を対象に、鍼治療を行った結果..

□なんと49人、約半数もの女性が妊娠に成功したのです。
□体外受精ではなく人工授精や自然妊娠に成功した方もいます。
□また鍼治療をした後、1回で体外受精に成功した人は30人と、その割合も平均値より増加しています。
□体外受精や顕微授精で受精卵を子宮に戻す日に鍼灸治療を受けたところ、妊娠率が約14%上がったという研究結果も報告されています。

 

□まとめ

今回は、鍼灸が不妊症に効果的である理由と、その効果をしめす研究結果をご紹介しました。

不妊治療をしてもなかなか妊娠できずお悩みの方は、病院での不妊治療に合わせて、当社の不妊鍼灸を利用することをぜひ検討してみてください。