ひとりで悩みを抱え込まないで|不妊治療中に相談したい相手は?

「不妊治療がつらい」「周りで不妊症について理解してくれる人が少ない」子供が欲しくでも、妊娠できず不妊治療に取り組んでいる方は意外と少なくありません。

不妊治療中は、子供を産めるのか不安になったり、治療と仕事の両立ができず悩んだりすることも多いことでしょう。

そこで今回は、不妊治療に悩んでいるときに、少しでもつらい気持ちを和らげるために、相談できる相手をご紹介します。

 

□まずはパートナーに相談

不妊治療についての悩みは、1人で抱えるべきことではありません。何か悩んでいることがあれば、まずご自身のパートナーに相談してみましょう。ただ話を聞いてもらうだけでも、気が楽になりますし、夫婦のこれからについても一緒に考えることができます。

たとえ夫婦でも、身近な存在だからこそ不安を打ち明けられないことも多いですよね。夫婦の気持ちのすれ違いを防ぐためにも、不安の多い不妊治療中こそパートナーとコミュニケーションを意識してとることが大切です。

 

□職場の上司や同僚に相談

不妊治療には治療費はもちろん、治療を受けるための時間も必要です。そのため、仕事と不妊治療の両立について悩むことも多いかと思います。

このような悩みを職場の人に相談することで、治療のために休みがとりやすくなったり、理解が得られたりする可能性があります。また、体調を気遣ったり、精神的に助けてもらったりした方もいます。

不妊治療のために有能で経験豊富な従業員が給食・退職してしまうデメリットをよく理解している会社も意外と少なくありません。両立が難しいと感じたら、一度上司に相談しみてはいかがでしょうか。

 

□不妊治療の相談センターに相談

不妊治療をしている中で出てくる悩みの種類はさまざまです。身体的な悩みだけでなく、妊娠できないことによる精神的な悩みも絶えません。

またそれを相談する相手であるべきパートナーとの関係に悩むこともあるでしょう。不妊専門の相談センターであれば、このような不妊に関わる悩みを相談したり、不妊治療について教えてもらったりできます。

また交流会も開催され、不妊治療中の方や過去に経験した方と話すこともできます。

身近に不妊治療の経験者がいなくても、このような交流会に参加すれば、知り合えるのです。中には不妊治療に関するセミナーを開催している相談センターもあるので、お住いの地域の相談センターの取り組みを調べてみると良いかもしれません。

 

□まとめ

今回は不妊治療をするときに誰に相談すべきかについてご紹介しました。エルミタージュ鍼灸院では不妊治療に関する相談を無料で受け付けています。たった今、不妊治療について悩みを抱えている方は、ぜひ一度ご相談くださいね。