不妊と鍼灸にはどのような関係がある?その関係性について解説

「不妊を改善したい」「不妊を解決するための方法を知りたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか?
不妊の治療には様々な方法がありますが、鍼灸と不妊の改善には関係があることについてご存知でしょうか?

鍼灸による治療によって不妊は改善できることが多くあります。この記事では、不妊と鍼灸にはどのような関係があるのかについて解説します。

□鍼灸が不妊に効果があるのはどういう時?

不妊には鍼灸が効果があるとされていますが、効果が出るケースと効果が出ないケースがあります。

不妊が起こる原因(主なもの4つとは?)

1、「排卵因子」

2、「卵管因子」

3、「子宮因子」

4、「男性不因子」

このように4つあるのですが、その症状を具体的に見ていくと

 

1、「卵管のつまり」
2、「子宮の形がおかしい」
3、「子宮筋種」
4、「子宮内膜ポリープ」
5、「精管のつまり」
6、「卵巣嚢腫」
7、「精索静脈瘤」など

子宮や卵管の疾患などや、男性側の機能等にも異常が隠れている場合には、鍼灸を行っても効果を見込むことができません。

不妊の治療のために鍼灸を受けることを検討される前に、まずこうした不妊の根本的な原因をきちんと確かめるようにしましょう。確かめるには男性の場合には泌尿器科、女性の場合には産科婦人科にて検査を行いましょう。

□自律神経が乱れることによる不妊

人間は非常に発達した神経系などを、丁度よいバランスでコントロールするシステムをキープすることで体の健康を保っています。ところが、最近では生活習慣や食生活などが大きく変わり、システムのキープが難しくなりつつあります。

このように自律神経が乱れていると、不妊につながる可能性があります。自律神経が関係する場合、鍼灸による効果が非常に役に立ちます。鍼灸はツボに鍼を打ちこむことで、バランスをコントロールするシステムを調整し、バランスを元に戻すことができるのです。

□日本の優れた鍼灸治療

日本では鍼灸の歴史がおおよそ1200年とされており、江戸時代からは日本にしかない鍼灸による治療が確立されました。

その影響もあり、現在では多様に鍼灸療法があり、その種類は伝統医学から始まり現代の西洋医学にまで及びます。また理論や技術も日本では進んでおり、種類は多岐にわたります。

□まとめ

不妊と鍼灸にはどのような関係があるのかについて解説してきました。不妊はご夫婦やご家族にとっても大きな悩みとなることでしょう。

「不妊の原因を改善して、早く我が子の顔を見たい」と切望されている方はたくさんいらっしゃいます。不妊でお悩みの方は、ぜひ鍼灸で得られる効果をうまく利用してくださいね。