不妊の治療って何をするの?渋谷の鍼灸院が解説

「不妊だと判明して、どんな治療をすればいいのかわからない」
「不妊を解消するための治療について知りたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか?

不妊の治療の方法には様々な方法がありますが、これらの方法について詳しく知っておくことで、治療を始める際のハードルを下げることが期待できます。

この記事では、「不妊治療にはどのような種類があるのか」「どれくらいの期間が必要となるのか」について渋谷の鍼灸院がお伝えします。

□不妊治療の種類

不妊治療の種類には、大きく分けて4種類の治療法があります。
以下では、それぞれの特徴について紹介します。

*タイミング法

不妊治療の最も初期の段階で行う治療法です。

「妊娠が起こりやすいタイミングで性行為を行い、妊娠の確率を高める」方法です。一般的に、月経の2日前から月経の当日にかけての期間が最も妊娠しやすい期間とされています。このタイミングで性行為を行い、妊娠を試みます。

*人工授精

男性から精液を採取し、その中から動きの良い活発な精子を取り出し、直接女性の子宮内に注入します。タイミング法ではうまくいかなかった方の多くが、その次に試す方法です。

*体外受精

男性側から採取した精子と女性側から採取した卵子を同じ培養液の中に入れ、受精を待ち、受精卵が作られたら女性の子宮に直接注入し妊娠を試みる方法です。

*顕微授精

体外で受精を試みるという点では体外受精と同じですが、異なるのは「男性側から採取した精子を女性から採取した卵子に直接細い針を使って注入する」点です。

□どれくらいの期間がかかる?

 

不妊治療には比較的に長い時間が必要となります。だいたいひと通りの検査が完了するまでに2~3か月程度かかります。

それからの治療期間は人によって異なってきます。時間をかければ早く不妊が解消するというわけでもありません。

不妊症は多くの機序を内包していることがでありながら、治療方法を見出すことが難しいかりでなく、不安や悩みの絶えない病気です。

適切な治療法を見つけるためには、まずあなた自身の体の現状を、ホルモン値などの時系列的な経過から判断し、問題点を把握することから始まり、その問題点を改善する治療法を持っていてレベルが高く、尚且つリスクの少ない病院を選択することが必要です。
そして卵巣機能を賦活する方法についても試みてゆくことが実は一番切実な根本的な問題点なのです。そのためには、ベストな治療を組み合わせ、時間をかけて継続して治療をしていくことが欠かせないのです。

□まとめ

不妊治療にはどのような種類があるのか、どれくらいの期間が必要となるのか、について解説してきました。不妊が夫婦にとって大きな悩みとなっている家庭も少なくないでしょう。不妊治療で悩みを抱えている方にとって、少しでも今回の記事が参考になれば幸いです。