渋谷で不妊治療をお考えの方必見|不妊治療の治療費と助成制度は?

「不妊治療を受けたいけど、費用ってどれくらいかかるの?」「渋谷区に不妊治療の助成制度はある?」
不妊治療を実際にしようと考えたときに、気になるのがその費用ですよね。

子供を産んで育てるにはたくさんの費用がかかりますから、助成金などでできるだけ不妊治療の費用を抑えたいですね。そこで今回は、不妊治療にかかる費用や助成制度をご紹介します。

□段階別の治療費

*タイミング法

一般的に不妊治療の最初に行う治療法がタイミング法です。妊娠しやすい排卵日やその数日前を狙って、性行為をします。排卵日は、検査を行うことで推測します。

タイミング法は保険が利用できるので、1回につき数千円ほどで済みます。

*人工授精

妊娠しやすい時期に活発な精子を子宮に入れる治療方法が人工授精です。

この方法は、保険が適用されません。そのため、1回の治療に1万円から2万円ほどかかります。

*体外受精

体外受精では、シャーレーの中の培養液に精子と卵子を入れて、受精させます。そしてできた受精卵を子宮に戻します。タイミング法や人工授精でも妊娠できなかった場合に行います。

この方法も人工授精と同じく保険は適用されません。人工授精よりも費用は高く、1回につき20万円から60万円もかかります。

□不妊治療の助成制度

1回や2回で妊娠できればいいですが、治療が長引くほどたくさんお金がかかります。できることなら、助成金を受け取って費用を抑えたいですよね。

そこで、渋谷区を例に、不妊治療の助成制度を2つご紹介します。

*不妊検査等助成事業

東京都で定めている不妊検査のための助成制度です。以下に挙げる検査以外にもたくさんの不妊検査の費用を助成してくれます。

・超音波検査
・内分泌検査
・感染症検査

またタイミング法や人工授精、薬物治療法などの一般不妊治療に費用についても助成を受けられます。
ただし、妻の年齢が35歳以上だと受けられないので注意が必要です。最大5万円まで受け取れるので、現在東京都にお住まいで条件を満たす方は申請してみるといいかもしれません。

*東京都特定不妊治療費助成

こちらも東京都の不妊治療の助成制度です。体外受精や顕微授精を行った際にかかった費用について助成してくれます。妻の年齢が40歳未満であれば6回、40歳以上であれば3回まで助成を受けられます。

1回目なら最大30万、2回目以降でも最大20万円までもらえる場合もあるので、不妊治療を受ける際は申請を検討してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、不妊治療にいくらかかるのか、また受けられる助成制度やその条件についてご説明しました。不妊治療の費用をできるだけ抑えるには、治療期間を短くすることがポイントです。そのためには、効果的な治療のプランニングと、卵子質をアップする鍼灸治療の組み合わせが大切ですね。