不妊とストレスの関係は?ストレスを解消するためには「何をすればいいの?」

「不妊で悩んでいる」「不妊の原因を知りたい」「不妊を解消する方法を知りたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか?不妊は様々なことが原因となって起こってしまうものですが、その原因の一つとして「ストレス」があります。

ストレスを抱えてしまっていると、不妊になってしまうことがあるのです。この記事では「どうしてストレスが不妊に影響するのか」また「ストレスを解消するには何をすべきなのか」についてお伝えします。

□ストレスは排卵や生理を止めるかもしれない

脳にある視床下部と下垂体という部分が、月経や女性ホルモンの分泌を管理する働きを担っています。


ストレスを感じていると、この部分が非常に影響を受けます。その結果月経の周期が乱れて、月経が来なくなる可能性があります。

月経が来ず排卵が起こらなければ、卵巣が卵子を排出していないことになり、不妊につながります。このようにストレスを感じることで妊娠がしにくくなることがあるので、できる限りストレスフリーな生活を送れるように意識してみてください。

□精神的な面においても

「年齢的にも早く妊娠しなければならない」と考えて、ストレスを溜めてしまっている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

不妊治療で大切なことは、普段から体の健康や心の健康をキープすることです。そうすると妊娠のための基盤を作ることができ、「やるべきことはやっている」とあなた自身に、自信を持つことができるのです。

□ストレスを解消するには?

*ツボを刺激する

人間の体にはツボがたくさんあります。ツボの中には、自律神経を整えてくれるツボがたくさん存在します。そのツボを刺激することで、緊張状態が解けストレスの解消につながることがあります。

*しっかりと睡眠をとる

しっかりとした睡眠は卵巣や子宮の細胞の、活性化と機能のアップにつながります。規則正しくかつ十分な睡眠をとることは、疲労の回復とアンチエイジングにも大切ですね。睡眠の質を高めることも意識していただくと、より効果を高めてくれるでしょう。

いくら睡眠時間が長くても、質の低いい睡眠をしていては、体の緊張を本当の意味でリラックスさせることはできません。寝ている間にも、無意識に食いしばりをしていると、歯科医に指摘されたことはありませんか?寝る前はブルーライトを避けてり、温かいミルクを飲んだりして、睡眠効率を高める、ストレスリダクションをするための工夫をしてみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は「どうしてストレスが不妊に影響するのか」また「ストレスを解消するには何をすべきなのか」についてお伝えしました。ご一読いただいた内容が、少しでも参考になれば幸いです。