妊活中なら知っておきたい!amhの数値が示すものと、その改善方法とは?

□「amhの数値が低いことが分かった・・・」
□「数値を改善したいけど何をすれば良いのか分からない・・・」
このような状況にいる方もいらっしゃると思います。

amhとはアンチミューラリアンホルモンと言われる女性の卵巣内にある卵胞から分泌されるホルモンです。

□この数値を測ることによって何が分かるのでしょうか?
□AMHの数値を改善する方法はあるのでしょうか?

今回は、これらの疑問にお答えします。

 

□amhの数値が表すこと

□amhの数値は卵巣内にある卵の数を表します。
□言い換えると、卵巣の機能が十分にあるか、その予備能を知ることができるのです。□卵子の数が少ないと卵巣年齢が高く、予備能が低いことになりますので、妊娠しにくい身体になっているということが分かります。

このように妊娠確率を想定できるamhは、近年になってますます不妊治療において注目を集めています。

□amhの数値を改善することは可能なの?

残念ながら、amhの数値を改善することはできません。

この数値が少ないということは卵子の数が少ないということを指しています。実は、女性の身体は卵子の数を増やすことはできないのです。

しかし「数」を増やせなかったとしても「質」を改善することは可能です。ですので、amhの数値が低かった場合は、「質」を良くすることに取り組みましょう!

そもそも、妊娠するために大切なのは卵の「数」ではなく「質」なのです。いくらたくさんの卵が卵巣にあったとしても、質が悪ければ妊娠することはできません。

 

□卵子の「質」の改善方法!

ここからは卵子の「質」を改善するのに効果的な方法をいくつかご紹介します。

*生活習慣の改善

これは基本的で一番取り組みやすいことです。規則正しい生活は良い卵子を作るために重要です。
十分な睡眠を取ること、バランスの取れた食事を食べること、適度な運動を取り入れることを意識しましょう。

適度な運動を取り入れることで基礎代謝が上がり、妊娠しやすい身体づくりもできます。無理のない範囲で運動に取り組みましょう。

*漢方・サプリメントの服用

□サプリメントは、ビタミンを補えるものがおすすめです。
□ビタミンB・C・D・Eを含むものを選びましょう。
□漢方は、当帰芍薬散、桂枝伏苓丸、加味逍遥散、温経湯などの効果が高いと言われています。

これらは薬局で購入することができるので一度見に行ってみるのも良いでしょう。

*整体・鍼灸治療

不妊の知識を持った先生に施術を行ってもらいましょう。血行が改善され、冷え性や不眠の解決が期待できるうえに、リラックスして施術を受けられるのでストレス解消にもつながるでしょう。

□さいごに

今回は、amhの数値や、卵子の質の改善方法についてお伝えしました。

□先程述べたように妊娠を左右するのは「数」ではなく「質」です。

たとえamhの数値が低かったとしても、妊娠できないということにはならないので、落ち込む必要はありません。生活習慣を見直したり、鍼灸院に通ったり、運動をはじめたり、卵子の「質」を改善することに取り組みましょう。