不妊治療に悩んだとき、まずは相談してみましょう

「急に不妊治療が必要になった・・・」
「妊娠に向けて治療を受けてみたら子供を授かりにくい体質だということが分かった・・・」
そんな状況になってた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
自分は何も問題なく子供を生むことができると思っていた矢先、妊娠しづらいだということが判明したら、誰でもショックを受けますよね。
焦りと不安を抱える人がほとんどだと思います。
そんなときは、妊娠に詳しい知識をもった人に相談するのが一番良いです。
では、誰に相談すればよいのでしょうか。
そこで今回は、不妊治療を行うために相談すべき相手は誰かをご紹介します。

 

□不妊治療の相談相手は?

*家族

まずは、不安をなくすために家族に相談しましょう。
あなたのことを一番理解してくれて、親身になって話を聞いてくれる相手です。
これからのこと、不妊治療の進め方について話し合いましょう。

*不妊相談センター

近くの不妊相談センターや病院の窓口を訪ねてみましょう。
カウンセリングのプロであり、不妊や妊娠についての知識も豊富ですので、的確なアドバイスをくれるはずです。
もしも近くにそのような場がないときは、電話で相談に乗ってもらうことができます。
無料でできるものがほとんどなので利用することをおすすめします。
電話で会話を通して相談できるかが不安な人は、メールで相談することも可能です。
抱えてる不安、不妊治療について分からないことを何でも聞いてもらいましょう。

 

□相談することのメリット

不妊当事者がとって不妊の話をすることはとってもつらいことです。
「こんなに妊娠を望んでいる自分がどうして・・・」と自分自身を攻めてしまう人も少なくありません。
相談することで自分の内の思いはどんどん出てくると言われています。
不安に押しつぶされることがないように、心から話せる相手を見つけることは大切なのです。

 

□さいごに

今回は、不妊治療に至るまでの心の持ち方をサポートするための相談相手についてお伝えしました。
まず誰に相談するかは、あなたの判断次第です。
また、実際に相談に乗ってもらいたい人は、妊娠できないことが分かった当事者だけではないのです。
当事者から話を聞いた両親も不安を抱えられていることも多いのです。
自分の話ではないからといって、相談をためらうべきではありません。
不妊に悩む当事者も両親も、まずは相談することで、少しでも気持ちは楽になりるかもしれません。
不安に寄り添ってくれる相談者を見つけましょう。