不妊治療で、誰もがチャンスを見逃してしまうわけ。

 

チャンスはいつも汚い作業服を着ていて、骨が折れる大変な仕事のように現れるので、多くの人に無視され見逃されてしまう」と言われます。

絶好のチャンスとはそんな感じで、気がつかれないどころか、厄介者のように遠ざけられてしまうものなのです。

 

不妊治療でも、体外受精などで着床して妊娠をしても、途中で流産になってしまうことがとても多くて、こういった経験は誰にも嫌応なく起こるのです。

IMG_3062.jpg

そんながっかりするような治療の結果を何度も経験する中で、悲しみや絶望の中から子作りのチャレンジを諦めた頃…

ほとんど期待していないような時にこそ、何故か妊娠、出産へとチャンスが広がっていき、ついには子宝に恵まれたりする事があるのです。

 

あるいは、治療をとことんやって、万策尽きて諦めたのに…

不妊治療をやめてしばらくしたら自然妊娠したなんていう話も、実際起こる事があります。

つまり、チャンスとは誰もがつかめるものではなくて、最後まで諦めなかった人に、執念の力が呼び寄せるものなのかも知れません。

 

その陰には、何か見えない力が働いていて、あなたの信念が本物かどうかを確かめられ、本物の人にだけ訪れるものと言えば良いでしょうか。

昔から成功する人には分かっているのです。本当に価値のあるものは、そうは簡単にはやって来ないと。

 

何事でも成功を掴むためには、本物の信念を持っているかどうかを試されることを。絶対に諦めない気持ちがある人にだけ、いつの世も神様は微笑むのです。

IMG_3063.jpg

あるいは時によって、そんなに望んでいないものが偶然手に入ることって、あなたにも経験がありませんか?

 

あきらめて泣き暮らした後で、気持ちがスッキリ整理された頃、何故か欲しかったものが手に入ることもありますよね。

初めから何もせず、宝くじが当たる様な偶然のラッキーを夢見ている人なら、目標もなくただ流されて時が価値を失い、歳をとるにしたがって悲哀を帯びた人生になってしまうでしょう。

この世の中には、私たちの思いも及ばない不思議な力が働いているのです。

思いを描き一生懸命やりきることの大切さは、人生において最も貴重なことの一つなのです。