妊娠中に避けた方がいい栄養素って?

 

妊娠中には多くの栄養成分を必要としますが、控えたほうがいい食品もあります。

大型魚などの植物連鎖の上位にいる魚などは、体内に水銀が蓄積してしまいやすいとも言われています。他には生肉、生卵、刺身などの生食での摂取もウィルスや食中毒などの心配もあります。チーズや生ハムなどの熟成品も、念のため心配の方は避ておきたい食べ物です。

アルコール

世界中で最大許容量は引き下げられる傾向にあります。

胎児の肝臓は大人の肝臓ほど処理能力がありません。大量摂取は重大な影響があるので完全に控えることをお勧めします。

 

 

カフェインといえば

コーヒーを思い浮かべる方も多いとは思いますが、お茶やエナジードリンク、清涼飲料水などに含まれます。一部の風邪薬にも含まれていることがあるので、服用前には医師などに相談するのがよいでしょう。

 

サプリメントの服用

医師と相談しながらが良いでしょう。

 

貧血の際には鉄剤を処方されます。

副作用として胸やけや吐き気、便秘などの症状が出る場合があります。

 

葉酸も大事な栄養素です。

妊娠前から意識すると良いでしょう。

 

ビタミンDも大切なビタミンです。

日光を浴びることで合成されますが、日焼けも気になるところだと思います。どうしても難しい場合はサプリメントで補充してあげるのも良いでしょう。

 

多くの栄養素を必要としていますが…

妊娠中避けてほしいビタミンもあります。

それがビタミンAです。

ビタミンAの過剰摂取は胎児の成長を妨げる可能性があります。

ウナギや鶏レバーなど栄養が豊富な食材ですが、妊娠中は取りすぎないように意識しましょう。

とはいえ、つわりの時期などは、なかなか思うように食事ができないと思います。

その時期はあまり気にせず、自分が食べられるものだけでも大丈夫です。まずは自分が気持ちよく過ごせることがつわりを乗り越える秘訣です。

 

すべて妊娠中に必要な栄養素ですが、これらは妊娠するためにも必要な栄養素です。妊娠する前からバランスよく様々な栄養をとっていることが妊娠するための体作りにもなります。

まずは、細かいことは気にせず、旬のもの、地のものを取り入れながら食事を楽しんでみてください!