不妊治療で、amh値と「卵の質」や体重は関係あるの?

 

 

 

amh値を改善させたいなぁ」「amh値が低いと、どんなことが起こり得るのだろう?」

不妊治療を始めて、amh値の検査を行った方も多いでしょう。

しかし、amh値が低ければ、単に卵巣内に残っている卵の数が少ないだけなのか?
体重とamh値は関係があるのか?分からない方も多いことでしょう。

今回は、amh値が低いと卵の質も低いのか、体重とamh値には関係があるのかについて紹介します。

■卵の質は関係ない?

 

amh値の検査では、amh(アンチミュラーリアンホルモン)を計測することで、女性の子宮内に残っている卵子の数を推測する検査です。

卵巣では卵子は作られておらず、生まれる前に作られた卵子がどんどん減っていくだけです。減っていけばいくほど妊娠の可能性が低くなるので、amh値が低い方には危機感があることと思います。

卵の質に関してはどうなのでしょうか?

amh値の検査で卵の質を確認することはできるのでしょうか?答えはノーです。

一般的には、量と関係があるだけで、質とは関係がないとされています。

しかし、それなら質の高い卵が残っているかも!安心!と安易に思ってはいけません。

実は、amh値が低い方は、卵の質も低いことが多いのです。

一体どういうことなのでしょうか?

amh値が低いということは、卵子の成長が促進されにくい卵巣内状態であると言えます。

卵子を成長させる細胞の代謝が良くないことが推測され、その代謝の悪さが卵子の質の低さにも影響を及ぼしていることが考えられます。

■太っているとamh値が下がる?

 

amh値は時期によって変化します。

実は子宮内に残っている全ての卵子の数を推測できる検査なのではなく、検査の時点で供給されている卵子の数を推測できる検査が、amh値の検査なのです。

そう考えると変動があることにも納得がいきますね。

 

あなたも体型が日々変化しているのではないでしょうか?

ダイエットをしたこともあるのではないでしょうか?

太ることによってamh値が下がるという話もあります。

実際はどうなのでしょうか?

実は、肥満は不妊の原因にもなっています。

BMIが25を超えている方は、注意する必要があるでしょう。

BMI値が25以上の方のamh値は、標準体型の方の6〜7割程度だという研究結果もあります。

なぜ肥満がamh値を下げることに繋がるのでしょうか?

それは「レプチン」という、脂肪細胞から分泌されるホルモンが関係していると言われています。

血液中のレプチン濃度が高ければ高いほど、卵子を成長させる細胞がタンパク質の代謝を行う邪魔になります。

結果、卵子の成長を阻害していることに繋がり、amh値も低下してしまいます。

今回はamh値について知りたい情報を紹介しました。amh値改善には冷え解消も必要です。不妊治療専門鍼灸院で、鍼灸治療を受けて、妊娠しやすい体づくりを行いましょう!