不妊治療で、amh値の改善が期待できるビタミンとは?

 

amh値の検査を受けると、数値が低いと言われた…」「改善する方法はないのかな?」

卵巣の中に残っている卵子の数を調べるamh値の検査。

数値が低いと、残された時間の少なさを思って、不安になってしまいますよね。何か改善する方法はないのでしょうか?

実は、あるビタミンをとることでamh値が改善したという研究結果があるのです。

どの種類のビタミンなのでしょうか。
また、そのビタミンを含む食べ物、不妊に効果のある食べ物について紹介します。

■このビタミンで、卵子の供給を増やしましょう!

 

早速どのビタミンがamh値の改善に効果があるのかを紹介します。それは、ビタミンDです。

なぜビタミンDがamh値の改善に効果的なのでしょう。

amh値の検査は、「卵巣の中に残っている卵子の数を調べる検査」だと言われます。しかし、何度か検査を受けていると数値が変動することがあります。

お母さんから生まれる前に、女性が一生に使う卵子は全て作られていて、生後その数が増えることはありません。

そのため、残っている卵子の数が増えることもありえないのですが、数値が高くなったり低くなったりすることがあります。

amh値の検査は検査の時点で供給されている卵子の数を調べる検査」なのです。

そのため、amh値を改善させるためには、供給される卵子の数を増やす必要があります。

供給される卵子の数を増やすために効果的なのが、ビタミンDです。

実際に、ビタミンDが不足している人はamh値が低いという研究結果もあります。ビタミンDは人間に必要な栄養素なので、必要な栄養素が足りていないことが卵子を供給できていない、つまり、amh値が低い理由になっているのです。

卵子は残っているのにそれらを供給できていないとなると、もったいないですよね。

ビタミンDを必要分しっかりとって、卵子を供給する体に変えていきましょう。

■ビタミンDを含む食べ物って?

 

とはいえ、なにを食べればビタミンDを摂取できるのでしょうか?

ビタミンDは魚類に多く含まれています。

一番多くビタミンDが含まれている食べ物は乾燥きくらげですが、日常的に食べるものではないかもしれません。

スーパーで買いやすく、ビタミンDをたくさん含む食べ物はしらす干し、いわし、鮭などです。

魚を食べる習慣がないという方も多いですが、干物だと持ち歩きもしやすく、摂取しやすいでしょう。

今回はamh値を改善するために摂取したい栄養素について紹介しました。

サプリから摂取しようと思うと、過剰摂取になる可能性があるビタミンD。

しかし、食べ物から摂取する限り、過剰摂取になることはありません。

ビタミンDを含む食べ物を意識的に食べることで、卵子の供給量を増やし、amh値を改善させましょう。

amh値が低く、残された時間が少ないかもしれないあなたに、12週間で卵の力を上げる鍼灸治療をおすすめします。妊娠率66.6%のエルミタージュ鍼灸院に、ぜひご相談ください。