今あなたが行動を起こしてやり切れば…妊活の先に見えるもの。

あなたがもし今行動を起こさなければ、不妊治療を成功に導くことはできないかも知れません。
やるか? やらないか? ではありません。

やるか? もしくは… やる! この2択なんですね。これじゃ2択じゃないですね。

何れにしても今すぐに行動することが、物事を成功に導くための最大の原動力と言えるでしょう。

人生は切羽詰まって、えいっと!退路を絶ってかからが勝負です。

ここで火事場の馬鹿力が発揮されるからこそ、徳俵で逆転できるのです。背水の陣とも言いますね。

背中には海の水があって、ここから落ちればサメの餌になるか、時間をかけて力尽き、苦しみながら水中に沈んで行く状態です。

 

そんな、死ぬか?生きるか?の場面。あなただったら、死ぬか?生きるか?どちらにしますか?

じゃあ、死ぬ方で…と言えるなら、度胸があるなあと感嘆してしまいますが…

私の場合は、痛いことや苦しいこと、暑いことや寒いことに、怖いこともお断りです。ということは、もはや答えは「生きる」という1択しかありません。

だったら…やって、やって、やり切るしか無いでしょう。成功するまで、決して諦めないで、続けるしかないのです。

例えばこの鍼灸という仕事についても、この業界では食えない仕事の代表と言われています。

しかし最後に必ず勝つ方法が一つあったのです。

それは、何があっても絶対にやめないという方法です。

これなら誰でも、残っていられれば勝ちです。誰と争わなくても、自分にさえ負けなければ、最後に残っているのは自分自身だけなのですから。

ここだけみたら、本当に物事は簡単に思えますよね。

 

でも、不妊治療にはタイムリミットがあるじゃないかと言われそうです。

やり続けたからと言って、最後に赤ちゃんに恵まれるかなんてわからないと。

でも、ちょっと待ってください。治療の可能性の全てをやり続けてみて、それに対して最終的に赤ちゃんを産むことが出来なかったとしたら、それはあなたのせいでしょうか?

不妊治療では、やれる事を全てやり遂げた時点で最後の答えを出すのは神様です。

結果の全てを引き受けてくれたのですから、その時点から自分を責めなくていいのです。

あなたは自信を持って人生を進んでください。人生の目標へ向かって一生懸命歩き始めましょう。

やり切った先には、何か今までイメージしたものとは違う幸せが待っています。

清々しく大きな徳を積んだことで、この体験が昇華されると考えたら、今までの努力はまったく無駄ではないと思いませんか。