不妊治療を成功する人は、結果が悪くてもやり遂げる人。

自分の受け取る報酬以上の価値がある仕事をする人には、いずれ自分が行った仕事の価値以上の報酬が支払われます。
こんな言葉が本に書いてありました。

例えば会社で仕事をしていても、私がもらっている給料はこの位だから、仕事はここまでやれば十分だわ。それ以外は受け付けないし、残業も休日出勤も一切やりません。

 

こういう人はどんな会社にも居るものですが、自分自身の価値を貶めているのです。

会社が最低限これだけは仕事してくれないと、給料払えないよというラインの仕事を割り振りしているのに、それが終わったら、私のやることは全てやったと思い、その他の仕事で同僚が忙しくしていても、自分が分担しようとはしません。

つまり、会社の求めている最低限の仕事だけを常にこなしているだけなのですが、自分に対する評価は100点だったりするのです。

会社のその人への評価は多分60点でしょう。それなのに何で私の評価は低いの?なんでこの会社は給料が悪いの?本当にばかな経営者よねと不満をいつも抱えています。

こんな状況って実は家庭でも、旦那さんと奥さんとの間に良くありますよね。不妊治療の中にもあります。

私はこんなに頑張っているのに、なんで不妊治療の結果が悪いの?

それを旦那は優しく支えてもくれないし、会社は休みや遅出を申請しても、なんだか私が悪い様な雰囲気だし。

 

そういえば、体外受精を結構繰り返してきたけど、何度やっても凍結できなかったり、凍結胚盤胞を移植しても流産になっているけど、これも病院がダメなんじゃないの?

やっぱりレベルが低くて、私の体には合っていないのだと思う。

不妊鍼灸院も行っているけど、改善していることが感じられないのは、鍼灸が効いていないからだわ。

あなたもこんな気持ちを感じたことがあるのではありませんか?

 

 

不妊治療がうまくいくのは、赤ちゃんが生まれた時だけなのです。

それ以外の治療経過では、結局のところ残念な結果ばかりの連続になります。

ただ、その残念な結果の山をこえて、チャンスに向かって挑戦し続ける強いハートを持ち続けられた人だけが成功を目の当たりに出来るのです。

 

結果が悪くてもあなたに出来る事を探して、新たなチャレンジをしてそれを積み重ねなければいけません。

どれだけやったらいいの?という感覚ではなく、赤ちゃんができるまでやり通す!という強い覚悟が必要なのです。

あなたの赤ちゃんのために、努力と誠実さを持ち続けてくださいね。

迷ったらもう一度、治療の方法があなたの卵巣や卵の質をアップする事にきちんとアプローチ出来ているのか?見直してください。あなたの通っている病院は、あなたの卵巣の状態を改善し、質の良い胚を移植する方法を持っているのでしょうか?

 

あなたの体の状況を再確認しましょう。

治療へのアプローチ法を見直して、赤ちゃんを得る事に向かって真っ直ぐに進みましょう。私たちも応援しますよ。