不妊治療でチャンスをつかめ!

 

チャンスってどこにあるのでしょう?あなたはチャンスに出会ったことがありますか?

どうもこんにちは。あなたはチャンスさんですか?

こんなシュチュエーションって今までにありました?

私の場合を考えてみたら、だんだん思い出してきたのですが、チャンス自体は小さいものから大きいものまで、色々あったと思うのです。

ただ傾向としては、出くわした様なチャンスというのは、ど〜ん!と来て、パ〜ン!と弾けて、終わってしまうものが多かった様な気がします。

 

ただこれらのチャンスも偶然の出来事ではなくて、自分では意識はしていなかったけれど、以前に自分で蒔いた種がいつの間にか育っていて、忘れかけていたものが突然、形を変えて目の前に出現したのだと思います。

そしてそんな偶然の様にも見えて、実は以前に蒔いた種が知らずに大きくなって、ば〜ん!と現れたものこそ、自分がびっくりしてラッキー!と飛びつくと、しばらくしてもっと努力しなくちゃ、これ以上は先には進めないよ〜 という感じであっけなく失敗に終わるのです。

つまりタネを自分で蒔かなければチャンスは来ないのです。

そしてそのチャンスに乗ったら、死ぬほど努力をしないと、あっと言う間に様子が狂い出して、チャンスはするっと逃げていってしまうのです。

どうでしょう?あなたの場合はどうですか?

せっかくチャンスがやって来ても、チャンスを掴まなくちゃいけません。しっかりあなたの手で、掴んでからが一番大切ですよ。

そのチャンスをものにする行動が、絶対的に必要なのです。そしてこれは本気で、全力で当たらないと掴みきれません。

さらに言うなら、しがみ付いて絶対に放さないと言った方が正確かも知れません。

気持ちが緩んでしまうと、その後に何度も来る状況の変化の波に、ど〜ん!と拐われてしまうかも知れません。どんな波が来ようとも…

あなたが波に合わせて進化して、チャンスを乗りこなすのです。

とにかく引っ掴んでしがみつきましょう!絶対に離してはいけません。

 

 

不妊治療でも同じことです。

1、 治療のプランを考える。
2、 実行してみる。
3、 変化の波が襲って来ます。どんな波でどう対処すればいいか?チェックしてください。
4、 何度でも、しつこく改善してみてください。手を変え品を変えて、どんどん行動し続けるのです。
5、 どうしてもうまくいかな?と思ったら、うまくいかない様子を、数値化して計測してみます。原因を論理的に解析します。

原因の新しい切り口が見つかったら、今度はそのための治療のプランを考えます。つまり1番に戻るのですね。

チャンスを掴み生かすって、この全部をやり遂げる事だと思います。それができた時だけ、チャンスはあなたに微笑み続けてくれるでしょう。

なんだか大変そうですね、でも大丈夫! 

 

チャンスのタネを蒔く行動、蒔いたら水をあげ続ける。育ったら目をかけてあげて掴む。つかんだら何があっても放さない。

状況があなたの思う様に推移するまであなたがやり方を変化させ続けて、絶対に諦めない。これだけのことなのだと思います。

体外受精であれ…

採卵、 受精、 培養、 移植、 着床、 妊娠反応
妊娠の継続、 胎嚢、 心拍、 心拍の継続
生殖医療の専門病院の卒業、 出産のための病院への転院
12週、 15週の安定期、 22週、 出産、 子育て。

まだまだ、先は長いですよ。

長いほうが人生楽しめるでしょう。みんな一緒に頑張りましょう。私たちも、あなたを応援します。