不妊治療を諦めようと思った時に。

不妊治療をしているけれど、採卵、培養、移植の繰り返しになっていて、しかも何度トライしても流産という結果で治療が終わってしまう方は多いものです。

その多くが、卵の質という本質的な問題に行き当たります。

旦那さんの精子の方は大きな問題はないと言われ、自分に大きな問題があると思うと悲しくなるものです。やはり治療の中で思わしくない結果が続くと、気分が落ち込む時があって、そんな時にはもう私は閉経に向かっていてホルモン値も最近はガタガタになって来た。
そろそろ無理なのかも知れないという絶望感が心に広がります。
こんな思いを多くの患者さんが抱きながら、治療の中で気持ちが揺り動かされるものですね。そんな時に突然旦那さんと話し合って、治療をやめてしまう方もいらっしゃるものですが、
まだもう少し医学的には可能性があったのではないかな?
と少し惜しい思いが残る場合があります。

 

治療をする、しないは、患者さんとそのご夫婦の決断にかかっているのですが、まだ技術的な医療レベルを上げる事で、十分対応できたのではないかな?

といった段階で、ストレスに追われるように治療の幕引きをする方を見る時には、何だか悔しいような、もやっとした気持ちが残るものです。

そんな時に本当はお伝えしたいことがあります。

実際の現場ではなかなか言えないことなのですが…

あなたの心に、感情的反応を起こさせるものは、あなた自身にしかないということです。

あなたにいかにストレスがあろうとも、その受け取り方と反応を決めるのはあなた自身です。

人生をいかに生きるか、その生き方を強く描いて、思うままにあなたの生き方を作って頂きたいと思うのです。あなたの本来の目標をしっかり持って、人生のビジョンにまっすぐに進んで頂きたいのです。

その時、人はもっと強く歩むことができ、視線は未来の夢にあり、日々の小さな一歩にブレはありません。足踏みしている時間もないことにも気がつくでしょう。

ストレスという困難に対する心や体の負の反応も、プラスのパワーに変換できるでしょう。もし、あなたの夢や目標が真に、あなたの一生にとって大切なものならば。

もし、あなたがやれることを全てやりきったのなら、もし子宝の夢が遠く叶わなかったとしても、神様は新しい素敵な未来と幸せを用意してくれると思うのです。

そのためにも、頑張ってやり切ることが必要なのだと思うのです。やり切った人だけが辿り着ける明るい未来へのパスポート!

あなにも届いて欲しいのです。