やってはいけない!よくある無計画な不妊治療の進め方。

不妊治療を始めるにあたって、まず殆どの方がやってしまう事があります。

それは、病院で体外受精をすれば「これで私は赤ちゃんをすぐに産める」と思い込んだまま治療を始める事です。

なぜこれが、やってはいけない事?なのでしょうか。

それは、私には最悪の事態は起こらないという、あまい思い込みから全てがスタートしているからです。

プラス思考でいいじゃないか」と思う方もいらっしゃるでしょう。

そう、プラス思考は良いのですが、最悪のリスクをきちんと認識した上で、それを回避するための行動計画を立てて実行し、きちんと継続してこそプラス思考が生きるのではないでしょうか。

不妊治療は、大きなプロジェクトを長期間に渡って、実行し続ける要領で行うのが成功の秘訣なのです。

私は体外受精まですれば「まず間違いなく、あかちゃんを産めるはず」だから…

初めはお金をかけず、なるべく時間もかけずに、家の近くの病院でタイミングをしてみよう。

タイミングがぴったり合うのだから、まあ長くみても半年もすれば妊娠するだろう。

これが殆どの方の不妊治療の序章ですね。

病院にも行かずに、薬局で排卵検査薬を買って、ご自分で試す方の方が多いでしょうから、初めから病院に行くだけ、まだ慎重派と言えるかも知れません。

さてここで半年から1年くらいタイミングを取っているのに、なぜか妊娠の反応が出ないと、今度はちょっと心配になって来ます。

そこで多くの方が不妊症の検査をしてみては?と医師から勧められることもあり、基礎的な不妊症検査の項目を行います。

旦那さんの精子の検査を終えて、診断結果は異常なし「卵子と精子は出会っているはずなので、このままタイミングで妊娠は可能なはずです」などと言われるのです。

でも、今までずっと同じことを繰り返して来たのに、何の反応もないのだから、流石に人工授精をやってみようかな?と思いまじめます。

人工授精って名前も凄いし、なるべく自然にと思って病院にも通ってみたけど、そろそろ仕方がない時期かな。でも、いよいよ本格的に人工授精まですれば、今度こそ生まれるでしょ!

この初めてのステップアップで赤ちゃんを授かる気持ちになっています。

そして気がつけば1年が過ぎ、当然1歳年をとっています。

実は、人工授精はタイミングと内容がさほど変わりません。

劇的な変化が起こって、すぐに赤ちゃんが生まれるという方は多くはないでしょう。患者さん的には凄い治療を始めてしまったから、これなら!という気持ちでいましたが、あっという間に月日は過ぎてしまいます。

そして気が付けば、タイミングの時から人工授精の治療周期までずっと、継続して高刺激の排卵誘発剤を使用されているのです。

これらの薬の作用と副作用、リスクについての説明は何もないままに…

これが多くの患者さんがたどる、不妊治療でやってしまいがちな治療の進め方なのです。

そして、この不妊治療のステップアップのどこがいけないのか?

それをあなたが知るのはもっと後になって、まだ赤ちゃんを産めず、治療方法や病院選びについてもう一度自ら調べた時です。

少しだけ知識がついて来ると、見えて来るものなのです。

不妊治療は、最初が肝心です。

あなたの近場でできることから初め流のではなく…

治療の全体像を広く描いて、俯瞰することから始めるのが、成功への鍵なのです。

あなたの子宮や卵巣の生殖機能がどの位置にあるのかを検査で把握し、その弱点をどういった治療法で対応できるのか?どの病院がレベルが高いのかを精査し、そのときのリスクを確認します。

□いつまでにステップアップをどう進めるのか?
□卵巣機能をアップすることで卵の質を高めるために何か出来ないか?

そういった事を体系立ててしっかりとした治療のプランニングをして、ご夫婦で心を一つに、粛々と段階を追って進めていくことが大切です。

しっかりとしたプランがあることで、妊娠、出産への確立を高め、リスクを回避し、治療費を抑制し、さらに心の安定を保ちながら目標へ、最大の効率と安定で進むことができるのです。

 

逆にこういったプランのない、一般的なその場しのぎの治療を続けていては、お金と、時間と、可能性がどんどん圧縮されて、追い詰められてしまう、不妊治療の典型的な失敗パターンにはまってしまい兼ねません。

怖いですね。これではいつになったら結果が出るのか?出口どころか、真っ暗闇の中で右往左往している状態ですね。