不妊治療で溜まるストレス!ただ発散するばかりでは…

 

ストレスは嫌ですね。

最近は、ネットで人を批判したり、評価したり中傷、差別することが問題になっています。自分が特定されないと思うと、人間は何を言ってもいいものだと勘違いをして、自分のことを差し置いて、人や会社や、国などを勝手に批判し始めます。

そんな、今までは人それぞれの心の底にあって、表面には出て来なかったような感情が、ストレスとともにどんどん露呈して来ているようです。

さらにそれを見たり読んだりすることで、口コミなどを辛辣に書いてしまったり、会社へのアンケートが必要以上に辛口になったり、芸能人が浮気でもしようものなら、鬼の首を取ったように、公然と罵詈雑言を浴びせる世の中になってしまいました。

人への静かな感謝や、苦労への無言の敬意や労いの心は、どこへ影を潜めてしまったのでしょうか?

ただ、自分の感情の起伏というものを抑える力、忍耐力、胆力、包容力、人間性が成長しているかといえば…世の中の多くの人の、マインドが情報量に応じてアップしているとは思えません。

 

そして今度は、こういった忍耐が自分に求められると、ストレスを感じるから、これは私には向いていないとか、相手が悪いという反応になりがちのような気がします。

もしかすると、そのあたりの一番大切で、かつ困難を伴うところの精神性の向上は、一番置いていかれているのではないでしょうか。

精神的には経験不足で実は幼い人間がどんどん増えているのに、世の中の情報は膨大していて、個人に求められるスキルやマインドは、すごいスピードで進化している。

情報を知っているだけで、行動としてはできていないのに、自分はできていると思い違いをしている人が増えている気がします。

まずはストレスの背景にある、世相を見渡してみました。さて、こんな時代にストレスを解放とは、道のりは遠いのでしょうか。