精子も老化するのですよ。

 

不妊治療は圧倒的に女性側に負担がかかる治療です。特に高齢となると女性側の問題とされる風潮があります。最初の検査で「精子は問題ないですね」と言われると、ますますご主人が妊活にどのように参加したら良いか、わからないですよね。

ただし、ここには落とし穴があります。不妊専門病院の検査でも、運動率くらいしか見ない場合があります。

運動率だけでは、本当の精子の状態を見落としてしまう場合があります。

実際に運動率抜群の精子を染色し、頭部の染色体に異常がないかどうか見る検査をしてみると、がっくりくるような結果が待っていることがあります。運動率で問題ないとしても、手放しでは喜べないのです。

卵子は胎児の時に一生分作られ、それを一生かけて排卵していきますが、精子は毎日作られます。毎日フレッシュなものを作るから大丈夫と安心してはいけません。

35歳を過ぎると、男性の精子を作る能力もだんだん落ちてきます。これはマウスの実験でも明らかになっていることで、昨今の晩婚化で、卵子に限らず精子の研究も盛んになってきているようです。どんなに若々しく見える人でも、必ず老いていきます。

シミやシワや白髪が多くなってくるように、精子もホルモンや原料になる細胞そのものが老化していきます。そして、見た目には問題ないように見えても、DNAが損傷した精子が増えてきます。

35歳を過ぎて、子供を欲しいとお思いなら、男性ものんびりしていてはいけません。女性と同じく、ご自分の体を整えていく努力は必要です。男性の年齢に注目して、

カップルが妊娠までに要した時間は30〜40代前半で10ヶ月
40代後半で19ヶ月
50歳以上で32ヶ月
かかったという研究結果が英国の研究によって明らかになっているそうです。

高齢出産は決して女性だけの問題ではなく、男性の問題でもあるということです。夫婦力を合わせて、妊活に取り組むことが、肉体面だけでなく、精神的にも良いですし、結果も早く出ることでしょう。