FSHが高い時は、どうすればいいの?

 

生理周期にのホルモン値を測ると、あなたの卵巣機能がどのような状態かが見えて来ます。

中でもFSH(Follicle-Stimulating Hormone/下垂体性ゴナドトロピン)は脳下垂体から出るホルモンで、卵巣に刺激を送って卵胞を成長させます。

閉経に近づいていくほど、卵胞期のFSH値が上がる傾向があります。

卵巣の反応が悪いと、「頑張って!」と脳はどんどん卵巣に刺激を送るので、卵巣機能が落ちていると高くなってしまうのですね。さてそこで、FSHが高くなってしまうと、もう閉経だから妊娠できない?と焦る気持ちが出てきますよね。

でも、FSHが高くなる原因は加齢だけが原因ではありません。ストレスや生活習慣の乱れ、冷えも原因となることがあるのです。

また注目していただきたいのは、体外受精で採卵周期の卵胞期に、卵胞を育てるために使う排卵誘発剤のhmg注射の単位です。

不妊治療で良く使われる、卵胞を育てるために使う薬なのですが、連用していると自力で卵胞を育てる力が衰えてしまいます。またその結果、FSHが上がってしまう、ということがあります。

ですから、できるだけ外から入れる排卵誘発剤のトータルの総量には、あなた自身もチェックをしていただきたいのです。刺激も出来うる限り抑えながら、効果的に卵胞を大きく育てて採卵したいですね。

そして、その後の卵巣へのダメージも最小限に抑えていただきたいのです。そのためには、薬の副作用に関するリスク管理をしっかりしていただくよう医師に相談して、可能な限り卵巣への負荷を考慮した治療法でできないか?選択肢を模索してみてはいかがでしょうか。

高刺激の誘発剤の量をどんどん増やす誘発方法を見直すと共に、自然に近い方法で採卵にチャレンジできるよう、あなた自身の体質改善を試みるのもいかがでしょうか?

医学的には卵の質を上げたり、ホルモン値をコントロールすることは出来ないと言われても、生活の中でできる無理のないアプローチは、あなたの体と心をより健康にもしてくれるでしょう。

そして、鍼灸治療を始めると、FSHが下がるケースも見受けられるのです。リラックスして、血流を良くすることで卵巣機能も徐々に賦活し、自律神経系がバランスを取り戻すことが良い影響を与えているのかも知れません。