妊活で失敗する人の7つの特徴とその対策

1あなたが今通っているクリニックは、
正しい選択ですか?

あなたはどんな理由で今の病院を選びましたか?

  • 職場に近い
  • 紹介された
  • 本やネットに出ていた
  • 知り合いに薦められた
  • ドクターが優しそうだった
  • 治療費が安かった

不妊治療の専門病院選びは、治療の結果に大きな影響を与えます。

不妊治療で頑張っていらっしゃる多くの患者様と日々接している私達には、様々な専門病院での治療の経過や成果、患者様のリアルな感想が情報として集まります。

どんな病院がいいのかは患者様によっても違いますが、一般には知られていない傾向もあるのです。

解決策

あなたの一番の目標は、卵胞が老化して出産が限界を向かえる前にお子さんを授かることですね。

これが本当に心からの願いなら、最も高い可能性のストーリーから答えを逆算してみましょう。

職場や家から遠い、ドクターが冷たそう、待ち時間が長いなど、二次的な要素が選択に紛れ込んでいませんか?

もう一度良く考えてみてくださいね。

そして更に卵の力をアップするなら、移植医療とのコラボレーションの経験が豊富な、不妊専門の鍼灸院選びが必須ですよ。

2成果の見えにくい時期に治療方針を独断で変えたり、足が遠のく。行動がぶれてしまう。

治療が停滞してばかりだと自信が無くなります。

ステップアップに時間とお金がかかり、心配と落胆をくり返している方は多いと思います。

解決策

まず治療の全体プラン(例/何歳まで治療する。体外受精を3回までやってみる。など)の目標を決め、1つ1つ進めてみましょう。

3夜な夜なネット検索をして、うまくいかない理由を見つけて一人悲しむ事で、実は心の傷を慰めている。

出来ない理由の事情通になってしまい、心配とマイナスの感情で心が揺れて、だからやっぱり私には赤ちゃんが出来ないんだ。

これは経験した人にしか解らないと思い込んでいませんか?



解決策

気持ちが落ちて来たら、マイナスの感情から気持ちのチャンネルを変える工夫をしてみましょう。

気分を転換して自分の心をコントロール下に置く方法を見つけたなら、それは人生の成功を手に入れたのと同じ意味になるのです。

4不妊治療に関してはどうしてもマイナスの感情になってしまう

「プラス思考に」なんて、今まで随分やって来たけど、またどうせダメ!と決めつけていませんか?


ここで豆知識。


自律神経やホルモンの調節中枢は古い脳にあります。古い脳は、言葉や理論は通じないのです。

ではどうやって心やカラダ(原始的な脳)に働きかけるの?

解決策

心地よい感覚で働きかけます。

嬉しい、楽しい、気持ちいい、美味しい、癒される、温かい、眠い、美しいなど、心のビタミンになるような感覚に触れて、カラダの原始感覚に素直な自分を戻しましょう。

自分にご褒美をあげることから、だんだんスッキリ感が涌いて来ますよ。

5実は希望が持てなくて、治療を流れに任せているところがある。

事前に調べた時や、先生に説明された時、疑問に思ったことがあるけど、質問するのが恥ずかしかったり、忙しそうで聞けなかったという経験はありませんか。

解決策

あなたの疑問や思いはメモに書いて、次回担当が違ったとしても先生に話してみてくださいね。

あなたの気持ちをまず自分の心で受け止めてから、先生やご主人、周りの協力者に伝えてこそ、迷わず一緒に治療の成功に向かえます。

毎回担当が違う医師だったり、ドライな対応の先生だとしても、あなたは治療の説明を受けて、その事に対して了解を与える権利があります。

伝えたものはカルテなどの管理の中で治療の方針に反映されますので遠慮しないでくださいね。

その他にも、ご主人様にこんなこと言ったら喧嘩になるかな?とか、職場の上司にこれは言えない。など、心の奥に仕舞いがちなあなた。

他の方はどうしているのかな?どんな言い出し方をしたら円満に解決するのかな?など、私達にもどんどん聞いてくださいね。

6一度は決心したのに、継続できない。

不妊治療を続けているとガッカリな事が多くて、最近テンションが上がらない。少し治療もお休みしようかな。

解決策

一息ついて落ち着いたら、もう一度治療のプランを見直して、再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

仕事でも人生でも、ピンチが大きければ大きいほど、その後のチャンスも大きいものです。

何度でも立ち上がって行動し、チャレンジを継続できた人だけがたどり着ける成功や、新たな人生の進化や、自らの内なる新発見があるのではないでしょうか。

自分が決心したところまではまずやってみる行動の先に成功はあります。

7治療は辛いけど、本当に諦めてしまったら、わたしはどうしたらいいの?!

  • お金がない
  • 仕事が忙しい
  • 主人がそれ以上はやりたくないと言う
  • 卵の老化だからしょうがない
  • どうしても跡継ぎが必要な立場にいる
  • そんな多くの問題にもう一歩が踏み出せない

治療が行き詰まっているのにやめる決断が出来ず、だらだらと続けることで、家族や生活のバランスや、実は自分のプライドを保つ隠れ家にしていませんか?

解決策

子どもを授かるという大事のために最善を尽くそうという信念を持つ。必要なことを目標にして凛としてこなしてゆく姿勢が、あなたの周りにも良い影響を与えます。

仮に子どもが出来なくとも、あなたの価値は少しも減らないだけでなく、今まで気が付かなかった幸せのかたちを再発見させてくれるでしょう。

より明確な信念に基づいた実りある人生を手に入れるチャンスが、この不妊治療なのだと考えてみませんか。