その他の症状でお悩みの方

不妊治療を一人で頑張る?

不妊治療を一人で頑張っているのですか?

チームで戦う方法もありますよ。

不妊治療をしていることは、なるべく会社や、旦那さんの両親にも知られたくないと言う人は多いですね。

ただ実際に、体外受精で病院へ通うとなると、仕事への影響は避けられないでしょう。

IMG_3107.jpg

有給の消化や遅出、早退などが頻発するでしょうから、上司や同僚からも、どうしたのだろう?体調に問題があるのかな?家族に病人が出たとか、何かあったのだろうかと憶測されるのは当然でしょう。

心配されているだけならまだ良いのですが、仕事への支障や、あなたへの評価や査定に影響を与える可能性が、早々に出てきてしまうのではないでしょうか。

不妊治療をしていることを周囲に黙っていることに、治療の早い時点で限界が来てしまうことは容易に想像出来そうですね。

あなたの人生を、思い描いた通りにするためにも、家族内や仕事先へも早めに事情を説明して、治療を円滑にそしてあなたにとって不利益にならないように、先手を打っておく事をお勧めしたいと思います。

家庭なら、まずは旦那さんとの協調が必須でしょう。次に家族への協力、特にお金がかかる事ですので、後々に金策が尽きた時など、助け舟が必要になる場合もあるのです。

あなたの赤ちゃんのために、不妊治療へチャレンジしているともうのですが、子孫を未来につなげていくことは、先祖から代々引き継がれて来た、人類にとっての命題でもあるのです。

そのためにこそ、動物や人は生まれたという、隠れた使命があるのです。そのことは全ての生物の遺伝子に書かれています。

子孫が誕生することで、あなたのお父さんやお母さんにとっても、大きな使命が達成されるのです。

一族が総力を合わせてでも、この問題を解決する必要が実はあるのです。あなたが子宝に対して頑張っている事を、きっと影で応援してくれるご家族がきっといらっしゃるでしょう。そう考えると、心情的に一人で全てを抱え込まなくても良いのです。

そして会社でも、あなたが不利益を被らないよう、そして周りのスタッフとの間に不要なわだかまりを作らないよう、直接の上司だけでも協力を仰ぎ、お互いが一定の了解の中で動けるよう手配していくことが望ましいでしょう。

IMG_3116.jpg

あとは不妊治療の専門病院のドクターや、看護師さんや培養士さんなども、治療方法への知識や、使用する薬の種類、量などの情報を頂ける状況を整えて、質問があれば、いつでも答えていただける環境を確認したいですね。

そうやって、あなたの不妊治療を効果的に進めるための仲間や、チームを作って頂きたいのです。個で戦うよりも、仲間で戦う方が強いのは、わかりやすいですよね。