その他の症状でお悩みの方

不妊治療におけるamhの値を改善する方法とは?

みなさんこんにちは。この文章を読んでいる皆さんは、「AMH」という言葉をお聞きになったことがありますか?
不妊治療をされている方は、きっと病院などでAMHについて詳しく知っているかと思います。

実はこのAMHの数値は、妊娠と深く関係しているのです。
そこで今回は、AMHについて知りたい方や疑問を抱いている方のために詳しく解説いたします。

IMG_3147.jpg

■AMHとは?
AMHとは、アンチミューラリアンホルモン(抗ミュラー管ホルモン)の略で、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンのことです。
AMHというホルモンを測ることで、今後どのくらい排卵し続けることが可能か、卵巣の余命を表す指標になります。

しかし、AMHの数値が表すのはあくまでも卵子のストック目安であり、その質が良いかどうかは年齢に一番関連していると言われています。
たとえ同じAMHの数値でも、年齢が高ければその質は悪くなり妊娠が難しいと考えられています。

■AMHは改善できる?
残念ながら卵胞の数は生まれる前から決まっているので、AMHの値を上げることはできません。
しかし、卵子の質をひとつひとつ高めることは可能で、その結果妊娠しやすい体質に一歩近づくことが出来ます。
卵子の質を上げるためには、十分な睡眠時間や適度な運動、ストレスを溜めないことなど規則正しい生活を送ることが何よりも大切です。

また、当院のように鍼灸治療では、ひとりひとりに合った的確な施術に卵巣内の血行を良くさせ、卵巣機能を高めることで、卵子の質を高めることが出来ます。

■AMHの検査の大切さ
AMHの検査のメリットは早期閉経の可能性を見つけるという意味ではかなり有効な検査です。
この数値が実年齢よりも低かった場合、必ずしも妊娠できないということはありませんが、妊娠を望むのであれば妊娠を目指す時期を早めに設定する必要があると言えます。

また、早めにこの検査を受けておくことで、不妊治療対策をすべきかどうかを判断する材料の一つとなります。
AMHの検査は自身の妊娠プランを考える上で一つの指標となるので、将来的に妊娠を望む方にとってAMHの検査は非常に大切だと言えます。

IMG_3149.jpg

■まとめ
以上で、AMHについて詳しく説明いたしました。
当院では女性ひとりひとりの周期に合わせた鍼灸治療によって卵子の質改善を目指しております。
当院の実績として、4カ月間通院されている方の半数以上が妊娠されています。
これを機に新しい不妊治療を始めたい方や本気で妊娠を希望されている方は、ぜひ当院へお気軽にご相談くださいませ。