その他の症状でお悩みの方

渋谷の鍼灸治療院が教える不妊を改善する東洋医学!

不妊症を治療する方法には、主に二種類の方法があります。
病院での直接的な治療法と鍼灸治療や漢方治療などの東洋医学の二種類です。
病院での不妊治療法は知っている方が非常に多く、その中でも体外受精や人工授精は有名ですよね。

しかし、近年では病院の治療だけでなく妊娠力を高め、自然妊娠させるという方法である東洋医学が注目されています。
そこで今回は、あまり東洋医学について知らない方のためにご紹介します。

IMG_2986.jpg

◆東洋医学とは?
西洋医学では薬や手術などで病気を直接的に取り除くことが方針です。
一方で、東洋医学では病気がなぜ起きたかを考え、その原因を突き止めて鍼灸治療や漢方治療を用いて根本から改善するという方針です。

また、東洋医学では、人間が本来持つ自然治癒力を発揮していれば、不妊症やそのほかの病気にはならないと考えられていて、気の流れや血行、身体の不調が悪影響をもたらしていると考えられています。
例えば、不妊症であれば病院では直接的に妊娠をさせるので不妊症が治ったとは言えません。

しかし、鍼灸治療や漢方治療により身体の不調を改善することが自然妊娠することができれば不妊症ではなくなったと言えるため、二人を考える時も身体の不調がなければ自然妊娠することできます。
もちろん、すべての方が東洋医学で不妊症を改善でき妊娠できるというわけではありません。
しかし、鍼灸治療や漢方治療などの東洋医学は病院の不妊治療の手助けにもなるので両方を受けている方は非常にたくさんの方がいらっしゃいます。

◆鍼灸治療や漢方治療
東洋医学と言えば、この二つが代表的です。
鍼灸治療は鍼や灸を使ってツボや経穴を刺激し、漢方治療では古典医学書に基づいた漢方を作り処方するという治療法です。
近年では、共に注目されてきています。

また、この二つの治療は妊娠力を高めるだけでなく、身体の不調を改善するので日常生活にとても良い影響をもたらします。
さらに、リラックス効果もあるため、非常にお勧めです。

IMG_2987.jpg

共に妊娠の天敵である冷え性やストレスを改善二も効果があるので、不妊治療を受けている最中でも、より質の高い卵子を作り出すことができるのです。
そのため、不妊治療を受けながら東洋医学を同時に受けるのもとてもお勧めです。

◆まとめ
少しは東洋医学のことを知っていただければ幸いです。
当院では不妊改善用のプランの鍼灸治療などもご用意しておりますので、何か気になることがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。