その他の症状でお悩みの方

不妊を改善したい方必見!あなたの不妊の原因は栄養不足にあるかも!?

皆さんは不妊になる原因にはどのような原因があるか、ご存知でしょうか?
よく耳にするのが卵巣機能不全や無精子症、ホルモンバランスの乱れ等だと思います。
このような不妊になる原因は他にもたくさんあるのですが、実は栄養不足により不妊なるということがあります。
現代の人の食事は非常に偏っていることが多いです。今回は栄養不足による不妊についてご紹介していきます。

●栄養が偏り過ぎている?
日本では毎日食事をしっかりととることができ、他の国に比べれば栄養失調になる方はあまりいません。
そのため栄養不足で不妊なるということを考える方は少ないのではないでしょうか。
しかし、現代では、食事が非常に偏っている方が多く、一日に摂取しなければならないタンパク質やミネラル、ビタミンをきちんととっている方は少ないと思います。

IMG_2762 2.jpg

栄養バランスが偏り、必要な栄養素が不足していると、卵子の質や精子の質が悪くなります。
そのため、受精・着床の可能性が低くなり、その結果不妊症となってしまう場合があります。
もし妊娠したとしても母子がしっかりとした栄養素を満たしていなければ、流産や早産の可能性が高くなるので非常に危険です。

●痩せすぎ・太りすぎの方は不妊症になりやすい?
痩せすぎや太りすぎも不妊症になる可能性があります。
妊娠においては、体調を整えることが非常に重要です。

女性が過度なダイエットなどで栄養素が足りていないと、ホルモンバランスが崩れて卵子の質が落ちます。
そうなると妊娠しにくくなります。男性の場合は太りすぎで生殖機能に障害が生じる場合があるので、注意しなければなりません。

●どんな栄養をしっかり摂取すればいいの?
妊娠しやすい身体をつくるためには、体調管理とバランスの取れた食事が非常に重要なことが分かりました。
しかし、忙しい職業に就いている方などは、バランスよくすべての栄養素をとることが難しいと思います。

そのような時は、サプリメントなどで栄養を補給するのがお勧めです。
最近では非常にたくさんの栄養素のサプリメントが売られています。

IMG_2764.jpg

妊娠しやすい身体をつくるためにはビタミンB、ビタミンC、ビタミンE 、タンパク質、鉄分などをしっかり摂取できていると、妊娠しやすい身体をつくることができます。
不妊症で通っている病院等でアドバイスを受けることも有効なので、相談してみてください。

栄養素をしっかりとることは、妊娠しやすい身体をつくるために重要ですが、健康に子育てするのにも大事なことなので、一度栄養素について考えてみてはいかがでしょうか。