その他の症状でお悩みの方

不妊治療の問題点、一度整理してみませんか?

不妊治療をすれば、さすがに赤ちゃんは生まれるはずと、多くの方は思っています。

ですから、採卵、培養、移植という体外受精でのプロセスを何度も繰り返しているのに、良い卵が採卵できない、受精しない、移植しても着床しない、着床しても何週目かで成長が止まってしまい、流産を繰り返すという結果が続いた時に、何で私は治療の結果がうまくいかないの?という悲しみ、焦り、怒りに襲われるのです。

そこで自分に対するほのかな自信は、どこかへ行ってしまいます。

IMG_2514.jpg

夜な夜なブログを覗いたり、知り合いからの口コミを得る中で、情報が蓄積されて治療法や病院などの知識が増えて来ます。

そこから転院をしてみたり、サプリメントを試してみたりという、あなたなりの不妊治療が始まるのです。

採卵や移植の回数が増え、転院も2〜3院となると、自分の知っている範囲でやれることは全てやっているのに何故?という悩みが深くなって来ます。

卵の老化によってこれらの治療の繰り返しが起こっていることは理解できるのですが、出口の見えない治療の行方はどうなってしまうのか?不安は募りますし、手間や時間やお金の問題はだんだんと生活にのしかかって来ます。

不妊治療をどうしていくべきなのか?もしかしたらやめ時を考えなくてはいけないのか?旦那さんとも意見の違いが現れはじます。

このままではいけないと、頑張って来た仕事がストレスになっているのかも知れないから、仕事を辞めて不妊治療一本にしようと決心し、病院通いを全てに優先します。

夫婦二人の収入が、今では旦那さん一人にかかっていますので、あと1年ほどこの治療を続けると貯金も底をついてしまうでしょう。

不妊鍼灸にも通ってみましたが、鍼灸の先生も不妊治療の経過や、病院の医療の事情についてはあまり詳しくは無いようです。

しばらく通っていますが、何をやっているのかはよく分からないし、体調は良くなっているとは思うのですが、体外受精の採卵にどんな違いが出ているのかと言われても、その違いが感じられない状態が続いています。

八方塞がりの状況から、抜け出す糸口がつかめない苛立ちがつのります。

何をしたら私の卵の質をあげることができるのか?思い切ってお医者さんに聞いてみました。そうしたら、「そのための方法はない」と言われました。体外受精を繰り返すしかないと。その中で良い卵が出来れば、赤ちゃんは生まれるのだそうです...

不妊治療をすれば、「さすがに赤ちゃんは、すぐに出来るに違いない」そう思って始めた体外受精までの治療の道のり。実際にやってみるとこんな状況の中で喘いでいる人は、あなただけではなくて、いっぱいいるのです。

さて、本当にどうして良いのか分からなくなった時に、一度問題を整理して、不妊治療を成功さ得るための選択肢を、確立の高いものから並べて考えたいと思いませんか?

IMG_2515.jpg

その時のリスクも知りたいと思いませんか?今あなたの卵巣や子宮が、どんな状況にあるのかも、きちんときちんと理解したいと思いませんか?

そう思ったなら、私たちにご相談ください。基礎的な体の仕組みや、ホルモン値の変化が意味するもの。治療法の種類や、その適応の方はどんな人か。不妊治療の病院の種類や治療法の分類。その実績から見えるレベル差など、様々な角度から、あなたの疑問を解消します。