その他の症状でお悩みの方

あなたの不妊治療は、いばらの道ですか?

不妊治療が成功するかどうかは、誰にも分かりませんね。子宝の鍼灸治療を続けていると、色々な患者さんの治療に入る機会があるので、年齢やAMH、過去の治療歴を診て、いかにも数回の採卵と移植のうちには赤ちゃんに恵まれそうな方もいらっしゃるのです。

ところが、意外に治療は先へ進まずに、あるところで流産を繰り返したり、採卵を何度繰り返しても、凍結に至らない状態から抜け出せないような状態にはまり込んでしまったりするのです。

要するに、患者さんのお腹の中にある子宮や卵巣の機能が、どこまで賦活してくれて、質の良い卵を準備してくれるかは、誰にも判らないし、何度もチャレンジしてみないと結果は出ないものなのです。

逆に、もうこの先治療を続けても、お金と時間、精神面での負担の大きさに比べて、極めて子宝を得る道は険しいなと思った方が、突然良い卵が採卵出来て、あれよという間に出産してしまうこともあるのです。

IMG_2437.jpg

しかし現実的には、ほとんどの方の治療過程で、どうにも超えられない大きな壁にぶち当たってしまい、採卵、培養、移植、着床、胎嚢、心拍、流産といった体外受精の負の無限ループで、何度も繰り返しを経験するのです。

そんな時に、どう考え行動するか?どう心のバランスを保つかが、大きな課題として、あなたにも問われるのです。

まさにその時、道は二つに分かれます。

一つの道は、信念を貫き、決して諦めない道。

そしてもう一つの道は、悲しみ、怒り、恐怖、嫉妬、諦めからくる無力感、原因を自分以外のせいにして、自分自身を無意識に守りながら、治療をやりきることなく途中で諦める、いばらの道。ここでは、恐怖の道と言い換えましょう。

不妊治療に限らず、人生の大きな苦難を伴った転換点で、人はこの別れ道に突き当たります。

そして悲しい事に多くの方が、恐怖の道を選んでしまいます。それはなぜでしょう?

それは、恐怖の道の方が楽に見えるからです。度重なる失敗で心傷つき、どん底の状態です。ここに来て、さらに暗く、遠く、危険に見える道を、敢えて選べる人がどれだけいるでしょうか?

そう、ほとんどいないのです。私だってそんな時は少しでも早く楽になりたいと願うでしょう。恐怖の道は今味わっている苦しみから解放される癒しに満ちたオーラを持っているのですから、そちらに行きたくなるのが人情でしょう。

それでは、人生でも辛いばかりのどん底で、さらに苦難に満ちた恐怖に彩られている遠回りの道を選ぶ人は、どんな人でしょうか?

それは、成功の直前が最も暗いことを知っている人かも知れません。ここで言えることは、成功者のマインドを持った人ということです。

成功者のマインドとはなんでしょう?

IMG_2438.jpg

夢を決して諦めない人。
強い信念を貫き通し、人生を全うする人。
辛いことを、目標へのプロセスとして、楽しく味わえる心の持ちようの人。

能力や素質ではなく、人生の経験からこの要素を身につけた人なのです。ただそれだけの差です。

不妊治療では諦めないからといって、子宝に誰もがたどり着けるわけではないかも知れません。それでも可能性を最後まで突き詰めた結果であれば、最高の喜びや経験、新たな人生の可能性を目の前に見つけることでしょう。

そこまでできる人は、それだけで大いなる幸せと価値を持っている人生だと言えるかも知れません。その道も、誰もが歩める道ではないのかも知れません。ただあなたには、そんな信念を貫いて幸せを手に入れる道へ進んでいただきたいと願っているのです。