その他の症状でお悩みの方

不妊を改善するためにはどうすればいいの?鍼灸治療という選択肢

「なかなか妊娠しない、どうしよう」
「どうすれば妊娠するの?」

IMG_2527.jpg

このようにお考えの方はいらっしゃいますか?

妊娠しようとどれだけ頑張っていてもなかなか妊娠せずに月日が経ってしまい、「このままではまずい」と感じたため、不妊の治療をし始めたもののそれでも妊娠せずに悩んでいる方もいらっしゃいます。

不妊の治療を改善するためにはどうすればいいのでしょうか?
今回は「不妊の改善するためにはどうすればいいのか」についてご紹介していきます!

【不妊の改善するためにはどうすればいいのか】

不妊症の治療を何年も続けいているもののなかなか妊娠しない方の中には「もう妊娠できないのではないか」とお考えの方もいらっしゃいます。

しかし、今妊娠していなくても、不妊を改善することによって長い間悩んでいる方でも妊娠するに至る方も多くいらっしゃるので、諦めずに改善することが重要になります。

不妊治療を長年受けていても妊娠しなかった状態を改善するためにはどうすればいいのでしょうか?


不妊治療をしてもなかなか妊娠しない方は「卵の力」が弱くなっているからである可能性があります。
卵の力には個人差があり、もともと卵の力が弱い方はなかなか妊娠できません。
また、年齢の経過とともに卵の力が弱まっていきます。

そのため、30代の後半を過ぎたあたりから不妊治療を受けた方はなかなか妊娠することができていない原因を「卵巣の老朽化」だと診断される方も多くいらっしゃいます。

弱ってしまった卵の力を取り戻すことができれば妊娠しやすい環境を作ることができるのです。
弱ってしまった卵の力をアップさせるためには「鍼灸治療」をするといいでしょう。

IMG_2529.jpg

鍼灸治療を受けることによって乱れてしまっている自律神経を整えることができ、ホルモンバランスが改善されます。

また、血流をよくするため、お腹周りや骨盤付近を温めることができるため、妊娠まで至りやすい環境を作ることができるのです。

不妊治療専門の学会によると体外受精に鍼灸治療を併用すると妊娠率が通常の1.61倍に上がると発表されているのです。

以上のように、不妊の治療を受けてもなかなか妊娠することができていない方は卵の力が弱いからでしょう。

このような状態を改善するためには妊娠しやすい体を作る必要があり、妊娠しやすい環境を作るためには鍼灸治療をすると効果的です。

渋谷にあるエルミタージュ鍼灸院では4ヶ月間通院されている方の66.6%が妊娠できています。妊娠のタイムリミットが来てしまうためにぜひ一度エルミタージュ鍼灸院にお問い合わせください!