その他の症状でお悩みの方

培養士さんって何しているの?

採卵し凍結迄の約5日間、培養士さんの手で大切に卵子達は育てられます。
今回は、その培養と卵管の働きを照らし合わせ、体の造りを考えていきます。 

卵巣から排卵された卵は、卵管でドラマチックな5日間の旅をし、一回りおっきくなって子宮という世界にたどり着きます。

IMG_2348.jpg

培養士さんはこの5日間の航海を手助けしてくれる船長です。 

それでは、子宮と卵管迄の約10センチの大海原、見てみましょう。  

まず卵巣から飛び出た卵子は、いきなり四方八方行方がわからい暗闇にほうり出されます。
その子を優しい手でキャッチ、子宮への道筋をつけてくれるのが、卵管采。
いそぎんちゃくの熊手の様な卵管采。
ここのキャッチが上手くいかない事が、ピックアップ障による不妊の原因になります。 
更に、ここに膿や卵管液が溜まると卵巣管水腫となり、卵子が航海にでられない原因の1つになります。卵管水腫は、着床時に子宮に流れ込むと卵子が溺れ流される危険もあります。

無事に卵管に乗れた卵子は、膨大部と呼ばれる広場へと向かいます。ここで選ばれし精子、王子様を待ちます。
卵管を上ってくる精子達は、粘土のある卵管液で、ブラッシュアップ。表面についてた汚れをおとし、濃縮され、カップリングへの最高の状態へ。

正に培養士さんが手助けしてくれる、精液の洗浄&濃縮ですね。

出会ったお姫様と王子様は手をとり、最後の難関、狭窄部を目指します。
狭き門を何とか潜り抜け、ようやく子宮という母体へとたどり着くのです。

この航海の間、二人は卵管液から成長ホルモンのシャワーをたっぷり浴び、老廃物をだしながら、一回り2回りと分割成長。卵管の表面にあるひだの上を転がりながら進みます。 

培養士さんは、その分割成長に合わせ、毎日培養液を交換しなければなりません。
正にお母さんの様に、毎日栄養となる食事と暖かいベットの入れ換えをし、卵子を育てていきます。そして体内そのものである、インキュベータで温度湿度をしっかりと管理し、受精卵の環境を整へます。

IMG_2351.jpg

培養液は、その院独自の門外不出の秘伝のスープ。

オランダで836組を追跡調査した結果、培養液により158グラムの体重の差がでたそうです。

子宮にたどり着く迄の5日間。 
原始細胞の一番大切な初期の分割を促す卵管、そしてその働きを担う培養士さんに感謝です。