その他の症状でお悩みの方

あなたの望に、心を集中すると

成功の秘訣は、人生に望むものへ心を集中することとあります。とはいえ不妊治療の場合は、全ての人が赤ちゃんを得られるとは限りません。そこがこの不妊治療、体外受精の悩ましいところでもありますね。

ただ、こうとも書いてありました。「望んでいないものに、心を向けはしない」

なるほど、こちらはすんなり腑に落ちやすいですね。不妊治療を続けているのに、良い結果が出ない事は頻繁に起こりますから、その度に悪いイメージを広げて心配に浸るのは、とても気持ちにとって負荷が高そうです。

考えてみれば、良い結果が出るときというのは、赤ちゃんが生まれる時だけですよね。

IMG_2091.jpg

それは、最後に全てが上手くいった結果として起こるだけで、そこまでの過程は失敗の連続なのです。がっかりの山ですね。落ち着いて考えればそれしかあり得ません。

例えば体外受精をしたといっても、体外受精での出産の統計をみれば、全国平均で15パーセントです。これは7回移植すれば、一人生まれているという計算です。

裏返せば、7回中6回は着床しないか、あるいは流産になるということですね。

しかも、採卵できればという前提付きなのです。

良い卵がなかなか採卵できないために凍結胚にならない人にとっては、移植を7回する前にどれだけ採卵すればよいのか?

ちょっと思いを巡らせても、大変な手間と時間とお金がかかる治療だなということが分かります。

その失敗の連続を超えて、心を強く持ち続ける強い信念がなければ、途中でがっかりしてしまい、治療をやり切ることが出来ずに途中で諦める人が大半ということが思い浮かびます。実際辞めるのは簡単で、いろいろな言葉を残して残念にもフェードアウトする方が多いのです。

赤ちゃんを得る事はできなかったけれど、このご夫婦は全てをやりきったなという方はとても少ないのです。

だからこそ、望んでいないことに心を向ける事は、出来ればしない方が良いとしか言えないのです。

IMG_2095.jpg

人は思考した方向に未来の舵を切ります。強く思考し行動すると、本当にその通りになる。そういう力が無意識に、そして自然に働くのです。

これは昔から、多くの成功者が残してきた言葉ですね。

マイナスのイメージに意識を向ける事自体、もう時間が勿体無いと思います。

ブログや口コミを読み漁って、心に心配のタネを蒔くのをやめるだけで、あなたの人生にプラスの力が働きますよ。

今からでも、あなたの心の向きを夢へ向けてくださいね。