その他の症状でお悩みの方

知っておきたい!卵子の質改善にかかせない食べ物とは?

「なかなか妊娠できない」
「妊娠するために、日頃からできることを取り入れたい」

そうお考えの方に、知っておいてほしいのが「卵子の質を上げること」です。

IMG_2572.jpg

卵子は、赤ちゃんのときにお母さんのお腹の中でつくられます。
そのため、卵子は生まれてから新しくつくられることなく、年齢とともに減少していきます。

なかなか赤ちゃんに恵まれない方や、不妊治療を長年されている方の中には、質の高い卵子が育ちにくい方もいらっしゃいます。

いつでも妊娠するためにも、卵子の質を高めておきたいものです。
そして、卵子の質を上げるために、簡単に取り入れられる方法であれば、みなさんも気軽に行えると思います。

そこで今回は、卵子の質を改善するために、かかせない食べ物と栄養素についてご紹介します。

・鉄分

鉄は、血液と関係が深く、特に女性は毎日の月経があるため、鉄不足になりがちです。

赤ちゃんにとっても重要な栄養素の一つで、妊娠すると鉄は赤ちゃんに優先的に運ばれるので、しっかりと蓄えておくことが大切です。

 鉄は、ひじきやレバー、赤身の肉やカツオやイワシ、マグロなどの魚、大豆などに多く含まれています。

・葉酸

葉酸は、赤ちゃんの体や脳、神経などをつくるのにかかせない栄養素です。
赤ちゃんの脳や体は受精後1か月ほどで完成すると言われているため、妊娠初期に非常に大切な栄養素になります。

厚生労働省は、妊娠を計画している女性や、妊娠初期の女性に、通常の食事だけでなくサプリメントなどから、1日400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

葉酸を多く含み、手軽に食べられる食べ物として、いわし、のり、納豆などが挙げられます。他にも、モロヘイヤ、枝豆、ほうれん草、ブロッコリーなどがあります。

・亜鉛

亜鉛は、細胞の成長や分化に関わる大切な栄養素です。
女性ホルモンの分泌を活性化させたり、DNAの合成、たんぱく質の合成をしたりと、様々な働きに影響を及ぼします。

亜鉛は、レンズ豆、大豆豆、豚レバーなどに多く含まれます。

みなさんも、日頃からなじみのある食べ物が多かったのではないでしょうか?
ぜひご紹介した食べ物を摂取して、卵子の質の改善に取り組んでみてください。

妊娠する可能性を高めるには、食べ物だけではありません。

IMG_2576.jpg

バランスの取れた栄養を摂り、しっかりと睡眠をとって、規則正しい生活を送ることがなによりも大切です。

たばこをやめる、ストレスを溜めないようにする、冷え性を改善する、といったことも、妊娠力を上げることに繋がります。

みなさんが、素敵な妊活ができることを祈っています。