その他の症状でお悩みの方

卵子の質を上げるには?日頃から簡単にできる2つのこと

不妊治療にお悩みのみなさん。

不妊の理由の一つとして、卵子の質の低下が挙げられます。
そして年齢を重ねるごとに、質の良い卵子を作り出す確率が減っていきます。

卵子の質が悪いと妊娠できないというわけではありませんが、できるだけ卵子の質を高めておきたいですよね。

しかし、お肌のシミやシワなどに比べて卵子は目に見えないので、卵子の老化や質に関して、あまり意識していない人も多いのではないでしょうか?

今回は、少しでも妊娠する確率を上げるために、卵子の質を上げる方法についてご紹介します。

■ポリフェノール・ビタミンEの摂取

 卵子の質は食事からも高められます。
「活性酸素」と呼ばれる、卵子の老化の原因となるものがあります。

その活性酸素を除去するためには、ポリフェノールやビタミンEなどの、抗酸化作用のある食品を摂取すると良いとされています。

IMG_2358.jpg

ポリフェノールは、リンゴやブルーベリーなど、果物の皮に多く含まれています。
玉ねぎにも多く含まれていますが、加熱せずサラダなどにして食べるとより効果が高まります。

ポリフェノールが多く含まれる飲み物には、赤ワインがあります。

しかし、ワインがそんなに飲めないという方もいらっしゃるかと思います。
そこでおすすめなのが、ルイボスティーです。

ルイボスティーは、カフェインが入っておらず、ポリフェノールの一つといわれるフラボノイドの量が多いです。

ビタミンEは、ナッツ類やかぼちゃ、モロヘイヤなどの緑黄色野菜、あんこうのキモ、鰻の蒲焼に多く含まれます。ぜひこれらの食事を取り入れてみてください。

■身体をあたためる

冷えは、自己治癒力を低下させ、体温が一度下がると免疫力は30%低下するともいわれています。
また、西洋医学でも、冷えは妊娠に良くない影響を及ぼすとも言われます。
そのため、冷えを改善することで、卵子の質を上げることにもつながります。

冷えを改善するおすすめの方法の一つが、入浴法です。つい忙しくて時間がない時は、シャワーだけで済ませたりしていませんか?

忙しい毎日でも、湯船に浸かることが大切です。38度から40度ぐらいの熱すぎないお湯に浸かると、身体の芯から温まり卵巣の血流も良くなります。

IMG_2361.jpg

高すぎる温度だと、長く浸かるのが苦痛になる時もあり、身体の表面は温まりますが、身体の芯は温まりません。

最後に湯たんぽもおすすめです。湯たんぽは、電気毛布と違い、寝ている間に徐々に温度が下がっていくため、身体に負担がかかりません。

卵子の質を上げる方法を2つご紹介しました。
卵子の質は上げたいと思っても、すぐに上がるというわけではありません。

日頃からコツコツと積み重ねることが大切です。
ぜひみなさんも、卵子の質を上げることを意識してみてください。