その他の症状でお悩みの方

冷えは不妊の大敵!簡単にできる冷え性の改善方法とは?

女性に多いといわれる冷え性。つらい冷え性にお悩みの方も多いと思います。

特に妊娠したいとお考えの方、不妊治療中の方にとって冷えは大敵です。
しかし、そんな冷え性も日頃から少し意識するだけで、冷えを和らげたり、改善したりできます。

今回は、ご自宅で簡単にできる冷え性対策についてご紹介します。

・お風呂にゆっくり浸かる

簡単に冷え性を改善できる方法の一つが、湯船にゆっくりと浸かることです。
つい忙しいと、シャワーだけで済ませている人も多いのではないでしょうか?
それが、あなたの冷え性の原因に繋がっているかもしれません。

IMG_2345.jpg

冷え性を改善するには、40度くらいの熱すぎないお湯にゆっくりと浸かることが効果的です。
熱すぎないお湯に長時間浸かることで、体の芯から温まるだけでなく、冷え性の原因となるストレスも、緩和させてくれる効果があります。

42度ぐらいの熱い温度だと、長時間浸かることが苦痛になったり、体の芯まで温まらず、体の表面だけが温まる場合があったりするだけでなく、内臓や心臓にも負担がかかります。

また、お風呂に浸かりながら手首や足首を回すと、さらに血流が良くなって効果的です。
長時間お風呂に入るのはしんどいと感じる方は、お気に入りの入浴剤を入れてみたり、好きな音楽をかけたりして、お風呂の時間をぜひ楽しんでみてください。

・服装に気を付ける

ミニスカートや短いズボンを履いて足を露出している時だけでなく、サイズが小さい服を着ていても、体が締め付けられて血流が悪くなることで、冷えが引き起されてしまいます。

また、寒いとついつい靴下を重ね履きしてしまいがちですが、足首が締め付けられて血の巡りが悪くなるので逆効果です。

では、効果的に体を温めるには、どうすれば良いのでしょうか?それは、「内臓を温めること」です。
人間は、まず内臓を守る性質があるので、冷えると真っ先に内臓を温めようとします。内臓周辺にカイロを貼る、また腹巻をするなどすると、冷えを防ぐだけでなく子宮も温められます。

もちろん、マフラーや手袋の着用や、保温効果の高いタイツを履いて体を温めることも大切です。

・適度な運動をする

運動不足になると、血液を送る役割である筋力が低下し、冷え性の原因になります。
筋肉の量が少ない人は、熱を生み出せる力が少ないので、冷え性の方が多いとも言われています。

IMG_2347.jpg

運動すると、血行が促進されて新陳代謝が上昇し、筋肉量も増えます。
筋肉量を増やせば、体温が上昇しやすくなるので冷え性改善に繋がります。

冷え性を改善するためにできる3つのことについてご紹介しました。
みなさんもぜひ実践してみてください。