その他の症状でお悩みの方

卵子の質は改善できる!?卵子の老化を防ぐには?

みなさんは「卵子の質」について考えたことはありますか?
卵子は、小さい時にお母さんのお腹の中でつくられます。
その後は、新しく卵子がつくられることはなく、年齢を重ねるごとに減少していきます。



また、年齢を重ねるにつれ卵子の質も低下していき、子宮の病気や過剰なストレス、偏った食生活をしていると、卵子の質の低下スピードが速まります。

限られた卵子で妊娠率を少しでも高めるためには、一つひとつの卵子の質を上げることがとても重要になってきます。
今回は、卵子の老化を防ぎ、少しでも卵子の質を上げるための方法についてご紹介します。

■卵子の質が低くなると?

・先天性の病気を持って生まれてくる確率が高まる
・通常、細胞が分裂する際、46本ある染色体は23本に均等に分かれます。

しかし、卵子が老化して、細胞質の中にあるミトコンドリアの機能が低下すると、細胞分裂の際に染色体を均等に分ける能力が低下します。

染色体が均等に分かれていないと、ダウン症や先天性疾患を持った子どもが生まれるリスクが高まります。



・妊娠しにくくなる

生理の時に排卵される卵子は、すべてが妊娠可能な力を持っているとは限りません。
年齢が若いほど卵子の質は高く、年齢とともに卵子の質が下がり、妊娠しにくくなるとも言われます。

■卵子の老化を防ぐ方法

IMG_2248.jpg

・バランスの良い健康的な食事をとる

5大栄養素である、たんぱく質、脂質、炭水化物、無機質、ビタミンをバランスよく摂取することが大切です。
加えて、卵子の質を上げるには、カリウムが必要です。

卵子のミトコンドリアを活性化させることで、卵子の老化を改善できます。
そして、カリウムはそのミトコンドリアを活性させてくれる働きがあります。

 

カリウムを含む食べ物では、アボカドやバナナなどのフルーツに加えて、ほうれん草、かぼちゃ、トウモロコシ、豆腐、ナッツ類などがあげられます。

そして、妊娠に欠かせない鉄分・亜鉛・葉酸の栄養分を摂ることもとても大切です。
もちろん、サプリメントからも摂取できますが、バランス良く食事をとることが必要です。



・定期的に運動をする

小さいときからあまり運動をしない、日頃からあまり運動しない人は、不妊になりやすいとも言われます。
日頃から適度に体を動かしたり、ストレッチをしたりして、血流を良くすることが大切です。
血流を良くすることで、子宮内膜の着床環境も向上させます。

そして運動することでも、卵子の質を左右するミトコンドリアの量が増えることがわかっています。
日頃から、ウォーキングなど、体を動かすことは卵子の質を高めるためにもとても大切です。



卵子の質と不妊についてご紹介しました。
みなさんも「卵子の質」について意識して、ぜひ日頃から卵子の質を高める対策を日常に取り入れてみてください。