その他の症状でお悩みの方

オキシトシンで、卵子力アップ。

オキシトシンというホルモンをご存知ですか。

オキシトシンは別名、幸せホルモンや愛情ホルモンと呼ばれ、セロトニンと同じ様にストレスを緩和し幸せな気分をつくりだしてくれる働きがあり、欠乏すると幸福感が失われ疲れやすい状態になります。

オキシトシンの働きで特に有名なのは、出産時、母親の視床下部から大量に分泌され、母乳の生産や子宮の収縮を促す働きです。 

赤ちゃんが母親のおっぱいを吸うことで、自ら母乳の生産を促し、妊娠で大きくなった子宮を元に戻し、更に愛情という最大の守る力を母親に沸き出させる、最強のホルモン。 
可愛いいわが子の為なら、夜中の授乳も頑張れる、疲れ知らずにさせてくれるオキシトシン。

IMG_1962.jpg

そんなオキシトシンは、母子間だけの物ではありません。私達の生活でも必要不可欠なホルモンです。 

オキシトシンの一番の働きは、ストレス解消に免疫力アップ。分泌を最も促すのが、スキンシップや他者とふれ合う事です。

誰かと話しをしたり、映画を見たり、音楽を聞いたり、自分がふぅ~っと息を抜ける時、心が満たされている時、オキシトシンは多量に分泌されます。 

幸福感を感じ、ストレスを解消し、免疫力をアップしてくれてるオキシトシンはそのまま妊娠力アップに繋がります。卵子の嫌うストレスよ、さようなら。疲れ知らずの卵子、こんにちわ。

パートナーと手を繋いで、食事をして、映画をみて、オキシトシン沢山出して、卵子レベルで愛情を育てるホルモンを高めていきましょう。