その他の症状でお悩みの方

不妊改善のために摂りたい!エストロゲンと葉酸とは?

「不妊を改善したい!」
「どんな栄養を積極的に摂るべきなんだろう?」

人の体は、食べたもので作られています。

不妊改善に効果のある栄養をしっかりとって、
妊娠しやすい体作りをしていきたいですよね。

今回は不妊改善に効果が期待できる、エストロゲンと葉酸について紹介します。


■エストロゲンとは?

IMG_2011.jpg

エストロゲンとは、初潮前から卵巣で分泌されていて、
女性らしい体を作ってくれているホルモンです。

卵胞ホルモンとも呼ばれています。

女性の初潮がエストロゲンの分泌量が増える
12歳前後に起こることからも分かるように、

エストロゲンは月経、妊娠にも密接に関わっています。



40歳を過ぎると卵巣機能が低下し、
エストロゲンの分泌量も減少していきます。

エストロゲンには卵子の成長を促進する働きもあります。

エストロゲンが不足すると月経周期が変わったり、
卵子の成長が悪い低温期が長くなったりしてしまいます。

■葉酸とは?

葉酸は、緑黄色野菜や果物に多く含まれている栄養素です。

胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期。

その時期に葉酸が不足していると、
胎児が先天性の脳神経障害になるリスクが高まります。

しかし、妊娠に気づいた時点で、
妊娠初期の期間が終わってしまっている可能性も高いですよね。

そのため、妊娠を希望されている女性全員が、
常日頃から積極的に摂取したい栄養素だと言えるでしょう。

■どの食べ物から摂取すればいいの?

サプリメントも販売されています。

しかし、大切な赤ちゃんを育てていくお母さん。

簡単に摂取できるが故に
過剰摂取が起こりやすいサプリメントから栄養をとることは、

リスクでもあります。

やはり自炊を行なって、新鮮な食べ物から摂取することがベストでしょう。


IMG_2013.jpg

エストロゲンと同じ成分である植物性エストロゲンは、
大豆に含まれています。

二杯飲むだけで一日の摂取目標をクリアできる豆乳なら、
お手軽にエストロゲンが摂取できますね。

葉酸は、レバー、ほうれん草、ブロッコリー、枝豆に多く含まれています。

レバーはなかなか食べる機会がないかもしれませんが、
お店で見つけた際には積極的にとるといいですね。

ブロッコリーやほうれん草は栄養を逃さないために、
スープに入れて丸々食べることがおすすめです。

体も温まり、一石二鳥ですね!



今回は不妊を改善したい方にぜひとっていただきたい、
エストロゲンと葉酸について紹介しました。

食という日常的な行為においても
不妊改善を意識されているあなたには、

きっと良い未来が待っていることでしょう。

もし、不妊治療の効果をさらに高めたいとお考えなのであれば、

鍼灸治療を取り入れることもお勧めします。

食と鍼灸による体質改善で、不妊を改善しましょう!