その他の症状でお悩みの方

男性ができる妊活の話

以前のブログでもご紹介したように、

卵子だけでなく、

精子ももちろん老化します。
富士山.jpg

そこで男性ができる妊活をご紹介します。


<禁煙>

愛煙家にとっては、耳が痛い話ですが、

喫煙によって精子量の減少や、
運動量が減少するという研究結果が出ています。


自分の体に悪いだけではなく、

副流煙でパートナーにも悪影響がありますし、

まして子供が生まれたら・・・。

今からやめておくのが得策です。

<運動>

運動をしている人と、していない人では
精子の量に大きな差が出てくるそうです。


それと関連して、テレビの見過ぎ(結局動かないですよね)
も精子量が減少するそうです。


週に20時間以上見ている人は要注意です。

<人工甘味料を摂らない>

よく缶コーヒーや清涼飲料水を飲む方へ。

微糖や低糖、低カロリーという文字に気を付けましょう。

砂糖は入っていなくても、人工甘味料が入っていることが多いです。

ラットの実験で餌に人工甘味料を混ぜると精子数減少、

運動率低下の結果が出たそうです。

<禁欲期間は短く>

精子は75日かけて毎日作られていますが、

3日で老廃物になってしまいます。

新しい精子にとっては、古い精子はストレスになります。

夫婦生活がない場合でも、定期的に出しましょう。

<ビタミンC、Eの摂取>

生野菜を適度にとりましょう。

とりすぎは体を冷やすので、
体質に合わせて量は調節してください。


体を酸化させないことが、受胎能力アップにつながります。

ストレスにも気をつけたいところです。

<トランクスにする>

精子は熱ストレスに弱く、温めると劣化してしまいます。

サウナの入りすぎも要注意。サウナ好きの男性は結構いますね。

下着は何と言っても、日本男児にはふんどしが一番です!

が、せめてトランクスで。

ボクサータイプは避けましょう。

<育毛剤を飲まない>

育毛剤にはフィナステリドという
男性ホルモン抑制成分が入っており、


副作用は精子数減少、EDのリスクを増加させます。

パートナーに黙って長年飲み続けていたケースもあるので、

一度確認してみると良いかもしれませんね。

特にご自分の父親の状態を見て、
危機感を覚えて飲んでいる方が多いようですよ。

男性は意外に繊細です。

あまり無理強いせず、ご夫婦で一緒に体質改善できたら良いですね。