その他の症状でお悩みの方

良い卵が出来なくて困った時に、あなたならどうしますか? サプリメント編

良い卵が出来なくて困った時に、どんな事を皆さんは試しているのでしょうか?

その中で多いのが、サプリメントでしょう。まずサプリメントは、栄養補助食品ですので、医師の処方箋もいりませんし、たくさんの種類と、メーカーもあって選ぶ楽しみもあります。手に入れるのも比較的簡単ですね。

多くのビタミン類なども補えて、その分健康にも良いでしょうし、撮り過ぎても、オシッコとして排出されてしまうものもあり、撮り過ぎを注意しなければいけない成分をチェックしながら、ある程度利用している方が多いのではないでしょうか。

健康志向とあいまって、1日に必要な量がこれ!なんて言われると、なんだか随分不足しているような気にさせられますよね。ビタミンC、B、D群やコエンザイムQ10などは定番でしょうし、活性酸素除去や、ミトコンドリア、オイスター、ミドリムシ、クロレラ、鉄分、葉酸、マカ、DHA,EPA、GABA,コラーゲン、ラクトフェリン、ミネラル、アミノ酸、酵母、プラセンタ、亜鉛など。

これだけあると、本当にどうしていいのやら?

IMG_1694.jpg

病院の中には、サプリ等は一切取らない事を患者さんに求めているところもありますし、私たちの経験からも、絶対これというものはありません。それよりも、質の良い卵を如何に作るかというポイントに的を絞った治療法を持った病院を選ぶことや、卵巣を刺激して機能をアップさせるような意図を持った鍼灸術を継続しながら、ホルモン値などの改善をチェックしていく事をお勧めしています。

ただ、改善が頭打ちになってしまった時には、何か試してみたいという思いを持たれる患者さんが多いので、その時には何か試してみるのも一つの方法ではないかなと考えています。

体外受精も長くなって、打開策が見つからない状態が続くと、気持ち的にも焦りや失望感が出てきて、そのことがさらに自分を苦しめるようなプレッシャーになってしまいがちです。治療を続ける気持ちの芯を強く持ち続けるにも、何か希望が欲しい時期ですし、こんな諦めがちな時にこそ、運動、旅行、温泉など、好きな事をやってみることで気持ちを整えて、新たな挑戦の一歩を踏み出す起点にしていただけたらとも思うのです。