その他の症状でお悩みの方

鍼灸の効果が感じられないと思って、治療をやめてしまうと.. その1

こういうタイプの方は結構多いのですが、不妊治療をしていて、例えば、採卵から移植へと進みます。2個ある凍結胚盤胞のうちの1個を融解して、ハッチングして移植をすると、着床してHCGが出ます。

やったー、これで赤ちゃんを産めるぞと、患者さんは喜んでいましたが、次回の予約キャンセルの電話が入ってから、鍼灸治療に来なくなってしまいます。もう妊娠したし、嬉しくなったら、お金がもったいないと思ったのか?連絡を取ろうとしても取れない状態が続き、どうしているのかな?と思いつつ、時間が過ぎて...半年もした頃に、突然連絡が入ります。

そこで、その後どうですか、調子はいかがですか?と伺うと、

実は8週目で流産になってしまい、ガッカリして治療に来なくなったとおっしゃいます。それから、残りの凍結胚盤胞を2度目に移植したものの、着床の反応は出なくて...

そこから同じ病院で、新たに採卵をして、2個採卵して凍結し、移植をしたけれども、今度は2度の移植とも、全くHCGが出なくて、着床もしなかったというのです。ここに至って、やっぱり鍼灸の効果はあったんだなと、気が付いて連絡をして来たのですね。

一度妊娠反応が出ると、嬉しさのあまり、私は自分の力で妊娠できる!と実感されるのだと思うのです。最高レベルの生殖医療の病院ってすごいな!これなら私はまだ赤ちゃんを産めるし、鍼灸はそんなにしなくても大丈夫かな?って思っちゃうのですね。

IMG_1688.jpg

ただ、「鍼灸の効果が感じられない」とおっしゃる方が忘れているのは、何もしなければ、あなたの卵巣は38歳位から、急激に老化してゆくという現実です。年齢別の妊娠率の曲線が、がく〜んと下がっているのを、あなたも見たことがあると思うのです。

あれは統計ですが、幅広く集めた数字ですから、現実を反映しているのです。わたしはまだ大丈夫とか、根拠もなく思い違いをしないでくださいね。

要するにあなたの卵巣力も、何もしなければ、普通に機能が落ちてゆくのです。その時の採卵で、卵が採れて妊娠したとしても、その後の採卵では、また条件が違うのです。だから卵巣力の維持のためにも、鍼灸の力は必要なのですね。


続く。