その他の症状でお悩みの方

ファスティングは妊娠率を上げますか? その1

ファスティングが妊活に良い、ということをよく聞きます。

かと思えば良くない、という記事も目にしたります。
IMG_0590.jpg


一体どうなのでしょう???


そもそもファスティングをする目的とは

何なのでしょうか。

そこのところを掘り下げてみようと思います。


まずファスティング(断食)は食を断つことで、
消化器官がお休みできます。


なので、


普段から食べ過ぎ傾向がある方は臓器をおやすみさせることで、
機能の回復を図ることができます。

ただ、胃酸過多傾向にある方は空腹時でも胃酸が出て、
急に食を断つと胃が痛くなることがあります。


その場合は少しづつ減食する期間が必要です。


食を断つことで、消化器官を休め、

普段は消化することにフル稼働だった消化器も、

ここぞとばかりに体の大掃除を始めます。


私たちの日常の食生活を考えると、
添加物、保存料、トランス脂肪酸、飼育に使われる抗生物質など、

目に見えないものをたくさん摂取している可能性があります。

原材料に表示されない場合もあります。


それらが一体どこに溜まると思いますか?


そのほとんどが細胞膜に溜まるといわれています。

細胞の70%は細胞膜ですから、
細胞の大部分を占めると言っても過言ではありません。


IMG_0563.jpg

たまった添加物や老廃物をデトックスし、
細胞の働きが活発になることで、
活性酸素からの影響にも対処しやすくなります。


活性酸素は細胞を老化させ、機能を低下させます。


ファスティングして、デトックスすることで、
細胞をお掃除し活性酸素からも体を守ることができます。


つまりは老化を予防することができるのです。


特に女性は子宮に毒素や老廃物が溜まりやすいので、

お休み周期などを利用して、ファスティングすると良いですね。


定期的にファスティングすることで
体が綺麗になり細胞が活性化しますので、

卵子の質をアップするには有効です。

ただし、

ダイエットにはなりませんので、

体重管理はやはり普段の食事を見直すことが必要ですね。


またやりすぎも良くないですし、
体質によっては向かない場合もあるので、


必ず専門家に相談されることをお勧めします。


次回はファスティングによって
細胞の中で起こっていることをお伝えしたいと思います。