その他の症状でお悩みの方

AMHが高いから、私はまだ大丈夫?

AMHって、最近よく聞くようになりましたよね。抗ミューラー管ホルモンですね。いわゆる卵巣年齢とか、卵の在庫とか言われているものです。卵巣に蓄えられた卵胞のうち、目覚め始めた卵胞達が出しているホルモンで、年齢の若い人の方が高い傾向があり、年齢とともに減ってくるので、卵の在庫や、卵巣年齢などと言われるのです。

AMHには年齢別に平均値がありますので、これと比べるとあなたのAMHは同じ年齢の人の平均値と比べて高いとか、低いという事がわかります。

この検査は、婦人科や、生殖医療の病院で行う事ができますので、あなたの卵巣の現在の状況を知るために、早めに行うことをお勧めします。通常の女性ホルモンの検査とは別に申し出ないと、検査項目には含まれない場合が多いので、電話して検査を行っていることを確認してから病院に行く方が確実ですね。

血液検査ですが、結果が出るのに2週間くらいかかるところが多いようですし、料金も2万円ほどかかりますが、このAMHの数値を治療の早い時期に知る事が、今後の治療方法や、病院を選ぶ時に大切になるのです。

さてこのAMHは、反応している卵胞を数値化していますので、AMHが低いということは、反応している卵胞が少ないという事になります。反応している卵胞の数が少ないということは、卵巣に残っている卵の数も少ないことを暗示しているので、卵の在庫も少ないだろうと類推されるのです。

卵の在庫が少ないということは、卵巣が歳をとっている可能性が高いという事ですから、年齢が上がれば、出産への難易度が上がっていることにつながるのです。

IMG_1646.jpg

では逆に、AMHが高いということは?

卵巣年齢が若くて、卵胞がたくさん残っているのだから、これはすごくいい!と思われがちですが、年齢別の平均的なAMH値よりもかなり多いとなると、多嚢胞性卵巣のような傾向を持っている可能性も考えられます。

これは目覚めているけれども排卵しない卵胞がたくさんあるという事で、反応している卵はいっぱいあるけど、"どの卵も質が悪い"という傾向があり、採卵、移植はできるけど、流産を繰り返すタイプです。この場合、多すぎる卵胞をうまく処理出来ないと、いつまでも産めるレベルの卵が採れないので、なかなか厄介なのです。AMHが高いからといっても、単純には喜べない事情もあるのですね。