その他の症状でお悩みの方

FSHが高いから、良い卵が出来ないんです...それ本当ですか?

FSHが高いから、良い卵ができなくなって来ているみたいなのです。閉経も近くなっているサインだとも、ネットに書いてありました。なんとかFSHを下げる方法はないでしょうか?そんな悩みを抱える患者さんも多いのです。

FSH(卵胞刺激ホルモン)は脳にある視床下部から放出されるホルモンです。血中を流れて全身を巡っていますが、このホルモンには1つの命令があります。

そう、ホルモンは体内の臓器などの器官で、様々なものが作られていますが、目的の器官に、特定の働きをさせるための命令なのです。レセプター(ホルモンの受取手)が受け取り、命令を実行するのです。

神経による命令の伝達よりも、広範囲に持続的に、そして最小の労力で、長時間持続して、一つの命令をし続ける事ができます。そのため、ごく少量のホルモンを血中に放出するだけで、確実に一つの仕事をさせ続ける事ができて、体の働きを支える、とても便利な物質であり伝達手段なのです。

FSHは卵胞刺激ホルモンですから、その命令は名前の通り、卵胞を刺激する事です。卵胞を刺激するというのは、卵胞を大きく育てて、排卵できる大きさと内容を持った、成熟した卵胞に育てる事です。これを分かりやすい言葉で言うと、「卵胞たちよ、大きく育ちなさい」という命令を持ったホルモンという事なのですね。

IMG_1603.jpg

脳の視床下部から放たれた、FSHという「卵胞たちよ、大きく育ちなさい」という命令を持ったホルモンを受け取れるのは、今週期の排卵のために、5ヶ月前から染色体の減数分裂(後期)を実行して来た卵胞達だけなのです。

5ヶ月前には1000個ほどあったものが、淘汰されながら染色体の転写(コピー)を、最終段階までクリアして来たツワモノ達(10個ほど)です。

FSHが高くなるのは、視床下部が「卵胞達よ、大きく育ちなさい」と命令を一杯出しているのに、卵巣が疲れてしまって、卵胞をなかなか大きくできない。生理が起きてから、14日で排卵する卵を作って来たのに、最近それができなくなって来たために、命令ばかりがどんどん増えている状態なのですね。

つまり、FSHが高いから卵が育たないのではなく、卵が育たないからFSHを高くしているのです。ここで、FSH を下げたら良い採卵ができるかも?と考えるのは、順序が逆ではありませんか。