その他の症状でお悩みの方

なんで子供が欲しいのでしょうか?

なんで子供が欲しいのでしょうか?赤ちゃんのうちは可愛いけど、子育てはほんとうに大変。出産後は体型も崩れるので、容姿もお母さん化してしまいますし、子供も少し大きくなったら親の言うことなんて聞かないですよね。生活の全ては子供を中心に回っていき、旅行も行けなくなります。食事も美味しくて雰囲気のいいお洒落な店には当分行けなくなります。


やれ、習い事だ。お受験だ。入学だ。授業料だ。部活だ。修学旅行だ。病気だ。旦那さんとの関係もお父さんお母さんになり、ただの家族になっていきます。決して仲が悪いわけではないのだけれど、付き合っていた時のトキメキは皆無で、なんだか不満は溜まっています。

IMG_1526のコピー.jpg

自分の仕事も忙しく、仕事に追われて家に帰れば、子供と旦那の世話。そんな中、年齢を考えればすぐにでも、もう一人子供作らなきゃ。兄弟がいないのも可哀想だし。と、次の子作りから再度の不妊治療も始まります。凍結胚があればすぐに移植ですが、なければここから採卵に向かいます。いい卵が取れるかな?なんてまた、心配の連続の日々へ。


こんなよくあるストーリーの、結実した夢の先に子供が生まれます。生まれても大変。生まれなくても大変。でも、生まれないときは、逆にそれなりの自由な自分と、旦那との時間、まだ見ぬ人生の機会が得られるのかも。それなら、
それもまた良い人生。


でも、ほとんどの人は治療がうまくいかないと凄く焦ります。もしかしたら、自分のDNA/染色体に書かれている、祖先から引き継がれた、生き続ける命の暗号との間に葛藤があるのかも知れませんね。