その他の症状でお悩みの方

妊娠のためには、焦らずにネガティブサイクルから抜け出しましょう。

IMG_0521.jpeg

「移植しても、妊娠反応が出ない」

採卵・凍結までは順調にできるし、ホルモン値も問題なし。卵のグレードも悪くない。なのに、移植しても妊娠反応が出ない・・・

一体どうすれば良いの???体外受精すれば、あっという間に妊娠すると思っていたのに。自分と同じような人はいるかなぁ・・・と、いろんな人のブログを読みあさっては、落ち込んだり、勇気付けられたり。

ブログに載っている情報は、あくまでも個人の体験でしかないので、同じような状況に思えても、必ず同じ結果になるとは限りません。参考程度にとどめ、検索はほどほどにしましょう。

では、ネガティブサイクルに陥ったところから、抜け出すにはどうしたらよいのでしょう。まだしたことがないのであれば、不育症の検査をしてみるのも良いでしょう。

Fotolia_33957482_XS.jpg


うまくいかない理由が必ず見つかる訳ではないですが、血液の状態に問題がある場合もあります。

服薬や時には注射が必要な場合もあるので、一度検査をしてはっきりさせ、不育症の治療が必要かどうか、確認しておくのが安心です。

ただ、そこをクリアしても妊娠しない時もあります。本当にどうして良いかわからなくなりますね。

そんな時は、やはり最初の基本である、「卵の質を上げる」ことに戻ってみましょう。やはり卵の力は大きいです。受精卵は精子と卵子が結合して出来ていくもの。女性側だけでなく、男性側の問題でもあるということを認識しましょう。

精子の良し悪しは、運動率だけではわかりません。頭の部分の染色体に異常がない精子であることは、大事なことです。

(※精子の染色体の検査をできる病院は限られています。)

なかなか結果が出ない時は、ご夫婦でもう一度足並み揃えて、一緒に体づくりをしていくことが、「卵の質アップ」につながります。もう一度基本の生活スタイルを見直してみると良いかもしれませんね。

二人の力を合わせれば、1+1=2ではなく、3にも4にもなる可能性が出てきます。ちょっと努力は必要でしょう。
Fotolia_166552948_M.jpg
でも思い切って、これを機に自分の人生を変える、くらいの気持ちで臨むと、より大きな喜びを得ることができるかもしれませんよ。